「青函トンネル&瀬戸大橋線開業30周年記念キャンペーン」開催 JR北海道・JR四国

JR北海道とJR四国が「青函トンネル&瀬戸大橋線開業30周年記念キャンペーン」を開催。共同企画として、オープニングセレモニーやパネル展を開催するほか、JR北海道単独でオリジナル企画や記念商品の販売も実施します。

共同企画でパネル展など実施

 JR北海道とJR四国が2018年3月10日(土)から2019年4月10日(水)まで、「青函トンネル&瀬戸大橋線開業30周年記念キャンペーン」を開催します。JR北海道とJR四国の共同企画として、オープニングセレモニーやパネル展を開催するほか、JR北海道単独でオリジナル企画や記念商品の販売も実施。詳細は次のとおりです。

Large 180117 shunen 01
青函トンネルをくぐり本州と北海道を結んでいる北海道新幹線(画像:photolibrary)。

・共同企画のオープニングセレモニーは、3月10日に北海道新幹線の新函館北斗駅で開催。同駅長と、四国の鉄道の玄関口にあたる宇多津駅(香川県宇多津町)の駅長が「はやぶさ22号」の出発合図を実施。

・共同企画のパネル展は、3月10日から新函館北斗や函館、高松、坂出の各駅で順次開催。青函トンネルと瀬戸大橋線の開業までの歩みや今日までの歴史を紹介。

・共同で、青函トンネルと瀬戸大橋線を通過し、列車で日本列島を縦断する旅行商品も発売予定。

・JR北海道単独のオリジナル企画は、青函トンネル通過証明書の進呈や教育旅行おもてなしキャンペーン、北海道新幹線沿線地域向けの特別運賃販売を実施。青函トンネル通過証明書の進呈は3月13日(火)に青函トンネルを通過する北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」全列車で実施。対象区間は、奥津軽いまべつ〜木古内間。

・JR北海道単独の記念商品として、東北・北海道新幹線の仙台〜新函館北斗間の料金が期間限定で50%割引になる、えきねっと会員限定商品「お先にトクだ値スペシャル」を販売。設定期間は2月17日(土)から3月16日(金)まで。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント