JR最後の急行車両、SL列車に 元「はまなす」客車を4両導入 大井川鐵道

2016年3月に北海道新幹線の影響で廃止された「JR最後の急行」。それに使われていた車両が、静岡県の大井川鐵道でSL列車として走ることになりました。今回、大井川鐵道は古い車両を使うため、新しい車両を導入したといいます。どういうことでしょうか。

2016年3月まで青函トンネルを走っていた車両

 大井川鐵道(静岡県島田市)は2016年6月9日(木)、同社が運行するSL列車用として、JR北海道から14系客車を4両購入したと発表しました。

JR北海道から静岡県の大井川鐵道に到着した、「JR最後の急行」に使われた14系客車(写真出典:大井川鐵道)。

 この14系客車は今年3月、北海道新幹線の開業により青函トンネルが通れなくなることなどから廃止された急行「はまなす」、すなわち「JR最後の急行列車」に使われていたものです。青森と札幌駅を夜行で結んだ急行「はまなす」が2016年3月21日発を最後に廃止されて以降、JR線で定期的に運行されている急行列車は1本もありません。

 また「客車」とは、それ自体にモーターなど動力を持たず、機関車にけん引されて走行する車両のことです。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 14系が保存されることは、嬉しいのですが、『窓が開かない』ことが、SL 列車用としては難点です。JR 北海道では、車掌車など煙を感じられるようになっていたのですが・・・・・・・。カーペットカーもついでに保存して、欲しい❗

  2. あのラフターは何㌧かな?ジブの油圧ジャッキが2本じゃけぇ50㌧じゃと
    思うけど。

    まぁ50以下ではないじゃろうけぇのう。