JR四国の新型特急車2600系、その車内は? 荷棚にある「緑のランプ」その意味

JR四国の新型車両2600系特急形ディーゼルカー、その車内には珍しいランプが備えられているほか、低い位置にあるSOSボタン、色の異なる座席など、さままな工夫があります。どんな車内になっているのでしょうか。

指定席? 自由席?

 2017年秋からの営業運転が予定されているJR四国の新型車両2600系特急形気動車(ディーゼルカー)の荷棚には、ある目的でランプが備えられました。

JR四国2600系特急形ディーゼルカーの荷棚に用意されたランプ(2017年2月、恵 知仁撮影)。

 その座席を「指定席」として使用する場合、緑色に点灯して、その旨を乗客に知らせるためのランプです。「指定席」と「自由席」は車両ごとに設定される例が多く見られますが、連結する車両数、需要など考慮し、1両の一部分だけを指定席にしている列車があり、JR四国にも走っています。

 そうした“一部指定席”の車両では、その座席に「指定席」と書かれた枕カバーを用いるなどの方法でその旨が乗客へ伝えられますが、このランプ方式では「指定席専用」の枕カバーなどを用意する必要がありません。また、どこからどこまでの席を指定席にするか、柔軟に設定できるそうです。

 ただJR四国の担当者によると、この方式を採用した主な目的は、指定席の販売状況に応じて用意する指定席の数を随時増減させる、などではなく、「分かりやすさ」のためといいます。

1 2 3 4

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. こういった、細やかなサービスがJR四国さんならでは、な気がする。
    いろいろ大変ではあるだろうけど、応援してます!