秩父がより近く 国道140号「皆野秩父バイパス」3月全線開通

国道140号の「皆野秩父バイパス」が、国道299号上蒔田交差点までの全線にわたり開通。秩父への所要時間が短縮されます。

国道299号まで延伸

 埼玉県は2018年1月30日(火)、国道140号「皆野秩父バイパス」の秩父蒔田IC~上蒔田交差点間0.9kmが、3月20日(火)14時に開通すると発表しました。

180131 r140chichibubp 01
秩父蒔田IC~上蒔田交差点間の延伸により、国道140号「皆野秩父バイパス」の全区間が開通(画像:埼玉県)。

 国道140号は埼玉県熊谷市を起点に同県秩父市などを経由し、日本三大峠のひとつに数えられる雁坂峠を延長6.6kmのトンネルでくぐり、山梨県甲府市などを経て同県富士川町に至る道路です。

「皆野秩父バイパス」は、すでに完成している「皆野寄居バイパス」の終点・皆野大塚IC(埼玉県皆野町)から連続する形で、埼玉県道270号吉田久長秩父線に接続する秩父蒔田ICまでの第1期区間4.0kmが開通しています。今回はさらにその先、国道299号に接続する上蒔田交差点(同・秩父市)までの第2期区間が開通。これにより、「皆野秩父バイパス」の全区間が開通します。

「皆野秩父バイパス」は通行無料ですが、「皆野寄居バイパス」と同様、歩行者や自転車、トラクターなどの小型特殊自動車は通行できません。

 埼玉県は「皆野秩父バイパス」の開通により、並行する国道140号(現道)の交通量が秩父市黒谷付近で3割(1日5300台)減ると見込んでいます。また、関越道・花園IC~秩父ミューズパーク間の所要時間は「皆野寄居バイパス」との併用で、現道経由の55分から31分に短縮され、渋滞緩和や観光地へのアクセス向上が期待されるとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180131 r140chichibubp 02
  • Thumbnail 180131 r140chichibubp 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 渋滞にはまってちちぶでぶちち、とブチギレるのも少しは減るのかな。

  2. 2017年とあるけど2018年ではないのか?

  3. 1年前に1年後の正確な開通日付を発表したんだ。すごいな埼玉県人。

    • 自称大手の相○に爪の垢でも煎じて飲ませてあげたい。