東京圏主要路線全330駅にホームドア整備へ 導入ペースをアップ JR東日本

JR東日本が駅ホームドアの整備計画を発表。今後15年程度で、東京圏在来線の主要路線全330駅にホームドアを整備します。

2025年度末までに120駅程度に整備

 JR東日本は2018年3月6日(火)、駅のホームドアについて整備のペースアップを図り、今後15年程度で東京圏在来線の主要路線全駅である330駅(整備済み32駅を含む)に導入すると発表しました。

Large 180306 jredoorkeikaku 01
2032年度末ごろまでにホームドアを整備する線区。駅数は路線ごとに計上(画像:JR東日本)。

 これまでJR東日本は、70駅でホームドア整備を計画し、すでに32駅に導入。2020年度第1四半期までには、山手線、京浜東北線・根岸線を中心に、整備済み32駅を含む62駅にホームドアを設置する予定です。さらに2025年度末までには、次の線区のうち120駅程度に整備します。

・京浜東北線・根岸線
・常磐線各駅停車
・中央線・総武線各駅停車(中野~西船橋)
・中央線快速(東京~立川)
・青梅線(立川~拝島)
・横浜線(東神奈川~橋本)
・南武線
・埼京線・川越線(池袋~川越)

 ホームドアの整備にあたっては、1日あたりの乗降客数が10万人以上の駅などが優先されます。2032年度末ごろまでには、東京圏在来線の所要路線268駅に整備される計画です。

 設置するタイプは従来型のほか、整備を早くするために軽量で工期が短縮できる「スマートホームドア」の導入も進めます。このドアは現在、横浜線の町田駅で試験的に使用中。京浜東北線ではこの「スマートホームドア」が、新子安、鶯谷、上中里、東十条、蕨、与野、大宮の各駅に導入される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180306 jredoorkeikaku 02
  • Thumbnail 180306 jredoorkeikaku 03
  • Thumbnail 180306 jredoorkeikaku 04
  • Thumbnail 180306 jredoorkeikaku 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ホームドアもだが、エスカレータも増設して欲しい。
    上下両方を。
    上下ある方が動線のコントロールもより確実となって安全なはず。
    まずは階段の半分に昇りだけのエスカレータを設置してある場所に下りを設置することから初めてもらいたい。