スズキ「ワゴンR」(初代) 軽自動車に革命、その在り方はこの1台でどう変わったか

あの「ロフト」ともコラボ、イメージを塗り替えろ!

 外観も、縦型のヘッドランプや大型ルーフレール(RX、RG-4)を採用し、力強さを感じられるデザインに。ボディ右側が運転席ドアのみで、左側が2ドアという「3ドア設計」も目を惹きました。荷室スペースはフルフラットになるうえに、リヤは左右分割する可倒式のため、多くの荷物を積み込むことができ、利便性も高くなっていました。これらがレジャーにクルマを必要とする若者たちのニーズにうまくヒットし、「若い男性が乗ってもサマになる軽自動車」として認識されるようになったのです。

Large 180305 wagonr 02
1993年11月発売発売、「ワゴンRロフト」。ボディサイドに「LoFt」のロゴが躍る(画像:スズキ)。

 そのイメージを決定的にしたモデルが、1993(平成5)年11月に発売されたスズキ「ワゴンRロフト」です。「ロフト(LoFt)」はセゾングループ(当時)の生活雑貨を扱う店舗で、当時より若者に熱烈な支持を受けていました。扱う文具や雑貨にどれもちょっと工夫があり、「当り前じゃない」感が強いブランド・イメージ。若者たちは、クリスマスのシーズンになると、あの黄色の袋にシルバーのリボンというプレゼントに胸をときめかせたものです。まあ、ティファニーブルーの次に、ですが(個人の感想です)。

 そんなロフトとコラボした「ワゴンRロフト」は、電動スライド式ガラスサンルーフを装備。黒のボディにサイドストライプテープとリヤデカールをあしらい、ステアリングにも「LoFt」の文字が施されていました。エアコン、パワステ、大型ルーフレールを標準装備し、専用デザインのフルロジックステレオを搭載したおしゃれで便利な1台はヒットモデルとなり、その後の「ワゴンR」人気の起爆剤になったのは間違いありません。今見ると、若干、阪神タイガースっぽいカラーリングが気になりますが、当時はそれもかっこよく感じたものです。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

スズキ ワゴンRの中古車情報

Uz0027094634 001l

排気量
60cc~660cc
価格帯
1円~1102.6万円

中古車情報を見る

スズキ アルトラパンの中古車情報

U00027015425 001l

排気量
600cc~700cc
価格帯
1000円~159.8万円

中古車情報を見る

スズキ ハスラーの中古車情報

Uz0026775768 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
50.0万円~252.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180305 wagonr 04
  • Thumbnail 180305 wagonr 05
  • Thumbnail 180305 wagonr 01
  • Thumbnail 180305 wagonr 02
  • Thumbnail 180305 wagonr 03

最新記事

コメント