スズキ「ワゴンR」(初代) 軽自動車に革命、その在り方はこの1台でどう変わったか

スズキ「ワゴンR」は2度の「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しましたが、もちろん、そのように評価されるのに十分な理由があります。初代発売時、スズキがうたった「軽自動車の新しい在り方」は、どのように実現し「変革」をもたらしたのでしょうか。

軽自動車=女性のクルマ…?

 現在、年間184万台(2017〈平成29〉年・全軽自協調べ)が販売されている「軽自動車」。小回りが利き、燃費が良く、保険や税金も割安ということで、1949(昭和24)年の誕生以来、日本の自動車文化を支えてきた我が国独自のカテゴリーです。その「軽自動車」のイメージを変えた画期的なモデル、それはスズキ「ワゴンR」ではないでしょうか。

Large 180305 wagonr 01
初代「ワゴンR」は1993年9月発売。いまに至る「軽トールワゴン」というジャンルの草分けともいえる画期的モデル(画像:スズキ)。

 1993(平成5)年9月にデビューした初代スズキ「ワゴンR」は、軽自動車トップメーカーであるスズキが「軽自動車の新しい在り方」として提案した「軽ワゴン」スタイルのモデル。「乗る人を最優先し、快適で使い勝手の良さを追求したクルマ」というコンセプトで開発されました。

 最大の特徴は、当時「トールボーイスタイル」と言われた、屋根の高くてボリューム感のあるセミボンネットタイプのボディ。全高は1640mmで、当時人気のあった「アルト」(1385mm)と比べると、頭ひとつぶん高い感じでした。さらに、2335mmあるホイールベースはクラス最大で、室内は大人4人がゆったり乗ることができ、運転席、フットスペース周りにもゆとりがありました。つまり、男性が運転しても窮屈さを感じない設計だったのです。これまでの軽自動車になかったこのサイズ感が、「女性のクルマ」というイメージだった軽自動車の印象を大きく変えることとなりました。

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

スズキ ワゴンRの中古車情報

U00025570493 001l

排気量
600cc~660cc
価格帯
1円~188.0万円

中古車情報を見る

スズキ アルトラパンの中古車情報

Uz0025570930 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
1円~159.9万円

中古車情報を見る

スズキ ハスラーの中古車情報

Uz0025570946 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
50.0万円~242.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180305 wagonr 04
  • Thumbnail 180305 wagonr 05
  • Thumbnail 180305 wagonr 01
  • Thumbnail 180305 wagonr 02
  • Thumbnail 180305 wagonr 03

関連記事

最新記事

コメント