JAL入社式、初フライトは紙飛行機 赤坂新社長が「ホーム」で新入社員迎える

JALグループが合同入社式を開催しました。赤坂社長は新入社員へ訓示を述べると共に激励。新入社員は式の後に鶴丸の人文字を披露し、願いを書いた紙飛行機を飛ばしました。

新入社員の誓い「世界で一番愛される航空会社に」

 JAL(日本航空)グループは2018年4月2日(月)、羽田空港にある自社の格納庫でグループ33社の合同入社式を行い、1639人の新入社員が集いました。

Large 180402 jalnew 01
入社式で願いや夢を書いた紙飛行機を飛ばす、赤坂社長(写真手前中央)と新入社員(2018年4月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 この4月よりJAL社長に就任した赤坂祐二氏は、整備士出身であることから「社長としての最初の仕事がみなさんを迎える入社式となりました。それを、(飛行機の整備を行う)格納庫、すなわちホームで開幕戦を迎えられたことを嬉しく思っております」と挨拶。続いて「安全運航こそが我々の最大の使命です。どのような職務にあっても、安全はみんなで守るものであることを忘れないでください。JALは経営破綻によって多くの人たちからご負担と支援をいただいて、今日に至っていることも決して忘れないでください」と訓示。さらに、「いまの皆さんにしか見えない、感じられないものに気づいて教えて欲しいです。みなさんの失敗、挑戦を大いに期待します」と激励しました。

 赤坂社長の訓示を受けて、新入社員代表の青木裕太郎さんが「今日からJALグループの一員として自らの足で歩み、人として大きく成長してゆくことへの決意と覚悟を感じています。常にお客様視点を持ち、私たちの会社の存立基盤である安全運航を守り抜き、JALグループを世界で一番お客様から選ばれ、愛される航空会社にすることをここに誓います」と決意を表明しました。

 そして、新人社員と社長が色画用紙で鶴丸を描き出す人文字を披露。さらに、「テイクオフ」の掛け声と共に、それぞれが夢や願いを書いた紙飛行機を飛ばしました。

 式の後、赤坂社長は入社式の感想について、「開幕戦で初勝利、という気分です」と述べました。また、整備士は必ず格納庫にヘルメットを着用して入ることから、「初めてここにヘルメットなしで入って、頭が寂しいですね」と話し、笑みを浮かべました。
 
 新入社員で業務企画職の村田一馬さんは「世界で一番愛される航空会社であることを目指すと共に、仲間にも愛される社員になりたいと思います」と、客室乗務職の磯川沙希さんは「JALグループ全社員の熱い思いがこもったバトンをお客様に繋げられるように頑張ります」と、それぞれ抱負を語りました。

【了】 

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180402 jalnew 02
  • Thumbnail 180402 jalnew 03
  • Thumbnail 180402 jalnew 04
  • Thumbnail 180402 jalnew 05
  • Thumbnail 180402 jalnew 06
  • Thumbnail 180402 jalnew 01

関連記事

最新記事

コメント