中古車選び、車検が長く残っているほうがお得? そうとも言えないワケ

中古車は、車検までの残り期間の有無で販売価格が異なってくることもあります。残り期間があるクルマは、諸費用が抑えられるといったメリットもありますが、どう考慮して選ぶのがよいのでしょうか。

値札に書いてある「車検有効期間」、どう捉えるか

 中古車の値札などには多くの場合、車検までの残り期間(車検有効期間)が記載されています。この要素は、中古車選びの際にどう考慮すればよいのでしょうか。

Large 180330 ucarshaken 01
中古車販売店のイメージ(画像:photolibrary)。

 そもそも車検(自動車検査)は、その自動車が国の定める保安基準に適合しているかを国が検査する制度であり、それに際して点検整備も行われることが一般的です。乗用車の場合、新車は登録から3年後、以降は2年周期で受けなければならず、この際に自動車重量税の納付なども必要です。

 車検までの期間が残っている中古車は、車検に必要な諸費用がかからない、名義変更するだけで乗り始められる、2年あるいは3年ぶんの自動車重量税を前オーナーがすでに納めているので、残り期間のぶんの税が実質的に免除される、といったメリットがあります。やはり、車検までの期間が残っている中古車のほうが、「お得」といえるのでしょうか。千葉県内で中古車販売店を展開するデンソンオート(千葉県白井市)に話を聞きました。

――車検までの残り期間があるクルマは、お得なのでしょうか?

 そうとも限りません。車検までの残り期間があればお得と思われる方もいらっしゃいますが、実際にはこの要素も販売価格に反映されています。また、残り期間の長さでは、値段はそれほど変わらないでしょう。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 納車前の整備費が中古車の納得いかないところ。
    エンジン積み替えが必要なケースて、そんな車売るか?売る前に普通はなおしておくやろ