中古車の査定額、車体色でどれほど変わる? 色の人気と価格、比例するとは限らない?

中古車には、査定で高くなる車体色とそうでない車体色があります。どれほど影響するのでしょうか。多色展開されているクルマでは、状況が異なってくることもあるようです。

高くなる色は「パール系」

 クルマにはさまざまな車体色が設定されています。商用車では白や黒、シルバーといった色が主流ですが、一般の乗用車では10種類以上のカラーバリエーションが設定されていることもあります。

Large 171218 color 01
中古車の査定額は車体色で異なるのか。写真はイメージ(画像:stocksolutions/123RF)。

40万台から希望の中古車見つかります! 乗りものニュース中古車検索

 ただ、新車ではカラフルに展開されていたとしても、いざクルマを売却する際には、車体色が査定額に影響することもあるようです。中古車量販店「アップル」を全国で展開するアップルオートネットワーク(東京都中央区)に話を聞きました。

――中古車において、査定額が高くなるのはどのような車体色でしょうか?

 いわゆるパール系の色、なかでも「パールブラック」と「パールホワイト」です。この2色はオークション会場で人気がありますが、それ以外の色ですと、価格が下がる傾向にあります。

――逆に、査定額が安くなってしまうのは、どのような色でしょうか?

 たとえば黄色、緑、水色などでしょう。こうした色は新車においても台数が少なく、それと比例して中古車量販店でも引き合いが少ないといえます。

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

トヨタ プリウスの中古車情報

Uz0026025263 001l

排気量
1490cc~1800cc
価格帯
9.0万円~398.0万円

中古車情報を見る

スズキ ワゴンRの中古車情報

U00023099927 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
1円~248.0万円

中古車情報を見る

スズキ ハスラーの中古車情報

Uz0026025330 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
50.0万円~245.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171218 color 03
  • Thumbnail 171218 color 01
  • Thumbnail 171218 color 02

関連記事

最新記事

コメント