1編成だけ! 「青函トンネル30周年」のロゴ付き北海道新幹線、運行開始

JR北海道が、「青函トンネル開業30周年」のロゴを付けた新幹線を運行します。対象車両はH5系1編成です。

H5系1編成にロゴを貼付

 JR北海道は2018年4月19日(木)、「青函トンネル開業30周年」のロゴを付けた新幹線を運行すると発表しました。

Large 180419 jrhseikan30logo 01
「青函トンネル開業30周年」ロゴの貼付位置(画像:JR北海道)。

 青函トンネルは1988(昭和63)年3月13日に開業し30周年を迎えました。JR北海道では、この記念企画の一環として、今回、青函トンネルを走る北海道新幹線のH5系1編成に「青函トンネル開業30周年」のロゴを貼付します。

 場所は1号車と10号車です。ロゴを付けた編成は4月20日(金)から、東京~新函館北斗間で運用される予定です。

 JR北海道は「北海道新幹線で30周年を迎えた青函トンネルを駆け抜ける旅に出かけませんか」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180419 jrhseikan30logo 02
  • Thumbnail 180419 jrhseikan30logo 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. しっかし、   最近の新幹線って本当に1両の半分以上が運転席なんだな。これじゃ2両編成でも実質は1両未満の働きしかできないじゃねえか。

  2. 3Gに見えたけど大丈夫かこれで?