ピーチが国内LCC初の沖縄~高雄線に就航 「電車に乗るような感覚で」

ピーチが沖縄~高雄線に本日より就航。那覇空港では初便出発時と高雄からの到着時に就航セレモニーが行われ、搭乗客に記念品が配布されました。

気軽に双方から往来する、新たな旅のスタイルを期待

 LCCのピーチ・アビエーションは、国内LCCとしては初となる沖縄(那覇)~高雄線に本日より就航したと発表しました。同路線の開設により、ピーチの那覇と台湾を結ぶ便は日本の航空会社最多の週42便になります。

Large 180426 peachoka 01
那覇空港で開催された就航セレモニーの模様。左から3人目がピーチの仲村順一那覇空港所長(画像:ピーチ・アビエーション)。

 那覇空港のLCCのターミナルでは、沖縄~高雄線の出発セレモニーが行われ、初便は146人の旅客を乗せて出発しました。高雄から沖縄への折り返し便には169人が搭乗。那覇空港到着後に高雄~沖縄線の到着セレモニーが開催されました。両セレモニーに、沖縄観光親善使節マスコットキャラクターの花笠マハエちゃんも登場。ピーチの客室乗務員とともに、高雄線就航を記念したキーホルダーなどの記念品の配布を行いました。

 ピーチの仲村順一那覇空港所長は同路線の就航について「沖縄と台南エリアの方々が電車に乗るような感覚で 気軽に双方へ行き来きし、新たな旅のスタイルが生まれることを期待しています」と述べました。

 沖縄~高雄線は1日1便、エアバスA320-200型機で運航されます。10月27日(土)までの運航スケジュールは、沖縄発が午前11時25分、高雄着が12時15分。高雄発が12時55分発、沖縄着が15時45分です。運賃は片道4980円から(諸費用別途)としています。

 高雄線の就航により、ピーチの沖縄発着の国際線は、台北線、ソウル線、バンコク線とあわせて4路線となりました。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 沖縄台湾って結構需要あるんだな。意外
    どういう需要なんだろ

  2. 乗る前のセキュリティーチェックとか、機内のシートベルトとか、そういうのが無くならない限り電車感覚は全くないね。
    無記名の切符を買って、すぐ飛び乗れるようになってから言えば。