「鉄學」ツアー第2弾開催 列車からの津波避難と沿線の風土学ぶ

鉄學事務局(和歌山大学西川研究室)と日本旅行、JR西日本が、津波避難の心得と紀伊半島の風土を学べる列車ツアーの第2弾「鉄學 まちあるき編」を開催します。

列車からの飛び降り、非常はしごでの避難体験など予定

 鉄學事務局(和歌山大学西川研究室)と日本旅行、JR西日本が、紀伊半島の歴史や文化、津波災害時の「列車からの避難方法」などを学べるツアーの第2弾「鉄學 まちあるき編」を、2018年5月に実施します。

Large 180501 tetsugaku 01
新宮・王子ヶ浜での解説のイメージ(画像:鉄學事務局)。

「鉄學」は、鉄道に乗り紀伊半島にある歴史、文化、環境、地質、成り立ち、住民の文化を学びながら、いざというときの「列車からの避難方法」を体得し、率先避難者を増やしていくことを目的に生まれたプログラムです。

 2016年11月にモニターツアーを、2017年10月に第1弾「鉄學 with 紀の国トレイナート編」を実施。今回の第2弾「まちあるき編」は、新宮でのまちあるきフリータイム(自由行動)を設けています。概要は次のとおりです。

●運行日
 5月12日(土)日帰り
●運行区間と時刻
 紀勢本線・串本11時20分発~新宮15時05分着
●使用車両
 105系電車(2両編成、貸切)
●ツアー内容
・串本駅に集合後、「鉄學列車」に乗車。新宮着後は自由行動。その後、新宮17時44分発の特急「くろしお36号」で串本、和歌山、新大阪へ。
・「鉄學列車」での紀伊半島東沿岸のジオポイント解説、津波を想定した列車からの飛び降りや非常はしごでの避難体験、駅舎アート(紀の国トレイナート)鑑賞などを予定。大学の地学研究者、JR西日本和歌山支社安全推進室の担当方が登壇しての特別講義も。
・沿線の地域資源や鉄道からの避難方法、紀勢本線の歴史などをまとめたテキストブック、地元の素材を使った「特製鉄學ジオ弁当」、デザート「立岩巻」、飲料「柚香ちゃん」付き。さらに、列車からの避難方法が記載された特製「避難体験修了証」、非売品のキーホルダーを進呈。
・特製のヘッドマークと列車愛称板を掲出して運転予定。
●募集人員
 40人
●旅行代金(子どもは500円引き)
・新大阪発着:1万3500円
・和歌山発着:1万1500円
・串本発着:6500円
●申し込み先
 日本旅行Tis和歌山支店
●締切
 5月7日(月)18時

 新大阪、和歌山発着の場合、料金には往復の特急「くろしお」普通車指定席利用分が含まれます。

 鉄學事務局と日本旅行、JR西日本は「通常では体験できない『駅間停車・徐行』による解説や『列車からの避難』を学ぶことができる機会ですので、ぜひともご参加ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント