ピーチの万博誘致特別機が運航開始 ネーミングは関西弁「HONA IKOKA!」

ピーチが万博誘致ロゴを機体後部にあしらった「大阪万博誘致特別機」の運航を開始しました。国内外で万博誘致の認知向上に寄与するためとしています。

井上CEO、想いは「空飛ぶ電車で気軽に来てもらえることを願って」

 LCCのピーチ・アビエーションは2018年5月9日(火)、2025年の万博誘致ロゴを配した特別塗装機の運航開始を発表し、関西空港にて披露イベントを行いました。

Large 180509 peachikoka 01
万博誘致のロゴを配した「HONA IKOKA!」号。写真中央の左側が井上CEO、右側が松井知事(画像:ピーチ・アビエーション)。

 関西空港第2ターミナル駐機場で行われた万博誘致特別機披露イベントには松井一郎大阪府知事も出席。同機の就航について次にように述べました。

「巨大な誘致ロゴマークをラッピングしたピーチの機体に、各都市を飛び回っていただき、大阪の万博誘致の空飛ぶ広告塔としての役割を担っていただくことを大いに期待しております」

 同機のネーミングは一般公募により、「HONA IKOKA!」号に決定されました。お披露目されたきょう5月9日(火)のMM189便、関西発宮崎行きより運航を開始。ピーチの井上慎一代表取締役CEOはネーミングについて、「大阪への万博誘致への機運を勢いづけるのに相応しい言葉です。万博が来たら大阪・関西に『ほな行こか!』とアジア各国の人々に空飛ぶ電車で気軽に来てもらえることを願っています」といいます。またネーミングが採用された辻 克朗さんは、「未来がまた、ここからはじまるという想いを『HONA IKOKA!』に込めています」と話します。

 ピーチは、2025日本万国博覧会誘致委員会のオフィシャルパートナーとして様々な誘致活動を実施。今回の塗装もその一環で、北は北海道から南はタイ・バンコクまで、国内外での大阪万博誘致活動の認知度向上に寄与するためのものといいます。そのほかにも、関西空港に設置されている18台のピーチのチェックイン機のデザインを、大阪万博誘致バージョンに一新。スタッフの大阪万博誘致バッジの着用や、機内アナウンスでの誘致内容案内など、大阪万博開催の実現に向けて全面的に協力していくとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 何故にYODOに非ずや?
    淀でもよどでもよいが。

  2. ”ゲスの極み”のドラムか?