夜行「サロンカー大社」や「白兎」運転 「山陰DC」7月スタート

観光キャンペーン「山陰デスティネーションキャンペーン」が開催へ。期間中、観光列車「あめつち」や特急「大山」をはじめ、団体専用臨時列車の夜行「サロンカー大社」、急行「白兎」などの運転が予定されています。

「鬼太郎列車」リニューアル

 鳥取県と島根県、JRグループ6社が「山陰デスティネーションキャンペーン(山陰DC)」を2018年7月から9月にかけて展開します。

「デスティネーションキャンペーン(DC)」とは貨物を除くJR6社と地方自治体、観光事業者などが連携し、ひとつの地域について期間を区切り、全国的に広告、宣伝を展開する大型観光キャンペーンのことです。

Large 180522 sanindc 01
欧風客車「サロンカーなにわ」を使用した列車(写真出典:photolibrary)。

 鉄道に関する企画では、山陰本線で、7月1日(日)から週末を中心に新しい観光列車「あめつち」を運行。列車は全車グリーン車指定席で、鳥取~出雲市間をおよそ4時間で結びます。

 境港市(鳥取県)の「水木しげるロード」が7月14日(土)にリニューアルするのにあわせ、境線では、6種類の「鬼太郎列車」も7月にかけて順次リニューアルされます。

 キャンペーン期間中の土休日(一部除く)には、山陰本線の鳥取~米子間でキハ189系ディーゼルカー3両による特急「大山」を運行。東京~出雲市間を結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」は、8月から9月にかけて臨時の「91号」「92号」を計7本運転します。さらに、9月21日(金)には京都発・出雲市行きの臨時「93号」も運転します。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180522 sanindc 02
  • Thumbnail 180522 sanindc 01

最新記事

コメント