日本の長距離旅客列車、1000km超は「のぞみ」だけ 在来線のロングラン列車は?

どこか遠くへ行きたい……。そんなときに利用するのが長距離列車です。乗り換えなしでいったいどのくらいの距離を乗ることができるのか、新幹線・在来線などさまざまなナンバー1を集めてみました。

寝台特急「サンライズ出雲」は約950kmを走破

 かつては1000km以上の道のりをひた走る夜行列車が東京駅から次々に発車していた時代もありましたが、それらの列車は新幹線網や航空網の発達で、次々と廃止されていきました。

 現在、時刻表に載っている定期旅客列車でもっとも長い距離を走るのは、東海道・山陽新幹線の東京~博多間を走る「のぞみ」で1069.0kmです。1000kmを超える定期旅客列車は「のぞみ」だけになってしまいました。

Large 171227 longrun 01
在来線の定期旅客列車で最長走行距離を誇る寝台特急「サンライズ出雲」。いまとなっては貴重な夜行列車(2009年2月、恵 知仁撮影)。

 在来線では、東京~出雲市間を結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」の953.6kmが最長。夜行の旅を楽しめる列車としても貴重な存在です。

Large 171227 longrun 02
特急「にちりんシーガイア」に使われる783系電車。ゆったりした座席で5時間以上の旅を楽しめる(児山 計撮影)。

 昼間の旅客列車で最長となるのは、博多~宮崎空港間を結ぶ特急「にちりんシーガイア」で413.1km。所要時間も5時間30分~6時間ほどかかるため、列車の旅を満喫できることうけあいです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171227 longrun 03
  • Thumbnail 171227 longrun 01
  • Thumbnail 171227 longrun 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 差し詰め列島横断鉄道だな

  2. 富士、はやぶさ、日本海、みちのく、はつかり、白鳥、トワイライトエクスプレス・・・時代は遠くなりにけり。

    • ディーゼル急行最長(福井-青森)の しらゆき が好きでした

  3. 列車番号を変えてその先も走り続ける列車は、山手線以外の在来線にもあるはず。もうちょい調べてくれると良い記事になるのに。