乗客がバスを緊急停止させるシステム、日野自が世界初搭載 ドライバーの「急病」に対応

走行中のバスでドライバーが急病に運転できなくなった場合を想定し、乗務員や乗客がバスをスイッチひとつで緊急停止させることができる装置が開発されました。日野自動車が観光バス「セレガ」に世界で初めて導入します。

運転席と客席に「非常ブレーキ」スイッチ

 日野自動車は2018年5月21日(月)、ドライバーの急病といった走行中の異常発生時に、車両を停止させることを支援する「ドライバー異常時対応システム(EDSS: Emergency Driving Stop System)」を開発したと発表しました。夏から大型観光バス「セレガ」に標準装備し、商用車では世界で初めて商品化するとしています。

Large 180523 emergencystop 01
日野自動車が観光バスに「ドライバー異常時対応システム」を採用。最前列客席の上方に「非常ブレーキ」ボタンが設けられる(画像:日野自動車)。

 同システム搭載車には、車内に「非常ブレーキ」スイッチが設置されます。近年、ドライバーの健康状態が急変したことによる事故が多く発生していることから、国土交通省が策定した「ドライバー異常対応システム」のガイドラインに基づいて開発したとのこと。どのようなシステムなのか、日野自動車に聞きました。

――どのようなシステムなのでしょうか?

 ドライバーが急病などで運転できなくなった場合に、ドライバー自身、あるいはほかの乗務員や乗客の方がクルマを緊急停止させるシステムです。これを発動させる非常ブレーキスイッチを、運転席にひとつ、最前列座席の左右の上方にひとつづつ設けています。押されると、車内で非常ブザーが鳴り、天井の赤色フラッシャー(警告灯)が点滅するほか、車外に対しても、ホーンを鳴らしながらストップランプとハザードランプを点灯させて異常を知らせます。

――どれくらいのブレーキがかかるのでしょうか?

 車速や路面状況にもよって異なるので、あくまで目安ですが、80km/h走行時に10秒で停止する想定です。ただし、押されてすぐに非常ブレーキが作動するわけではなく、運転席側と客席側のスイッチとで、作動するまでのパターンも異なります。運転席側のスイッチは、押されてから約9秒後に、客席側のスイッチは、押されてからごくゆるい制動をかけていったうえで、約11秒後にブレーキがかかります。この作動パターンも、車速や路面状況によって異なってきます。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180523 emergencystop 05
  • Thumbnail 180523 emergencystop 01
  • Thumbnail 180523 emergencystop 02
  • Thumbnail 180523 emergencystop 03
  • Thumbnail 180523 emergencystop 04

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ひとつ、
    >最前列座席の左右の情報にひとつづつ設けています。
    意味が分からなかったが、写真を見ると、
    >最前列座席の左右の[上方]にひとつづつ設けています。
    の間違いなのね。

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  2. ん?顔認識、眠い表情や余所見を検知して警報を鳴らす装置もあるそうな?
    例えば道路で知人や仲間同士のすれ違いで脇見をしたただけでも鳴るそうな?
    この型式からATも設定されてるのでドライバーさんの負担軽減にも役立ってほしいですね