新型「ホンダジェット」発表、その名も「Elite(エリート)」 ホンダ

小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の新型が発表されました。航続距離や室内静粛性など、従来型からさまざまな面で進化しているといいます。

航続距離、客室静粛性、離着率時の安定性などが向上

 ホンダの航空機事業子会社であるHACI(ホンダエアクラフトカンパニー)は、スイス・ジュネーブ時間2018年5月27日(日)、小型ビジネスジェット機「HondaJet」の最新型としてアップグレードした「HondaJet Elite(エリート)」を世界初公開しました。

Large 180528 hndjtelite 01
「HondaJet Elite」のイメージ(画像:ホンダ)。

 5月28日(月)から31日(木)まで開催の欧州最大のビジネス航空ショー「EBACE2018(2018 European Business Aviation Convention & Exhibition)」に先行して開かれた発表会で公開しました。

「HondaJet Elite」は、主翼上面のエンジン配置形態や自然層流翼型、自然層流ノーズ、一体成型複合材胴体などの技術を従来の「HondaJet」から継承。さらに複数の最新技術と装備が加えられています。

 2018年4月に米国連邦航空局(FAA)の型式証明を、また5月には欧州航空安全局(EASA)の型式証明を取得しています。

 ホンダによると、従来の「HondaJet」と比べ、航続距離は約17%(+396km)の1437ノーティカルマイル(約2661km)に。高周波のエンジンノイズ低減により客室内の静粛性はさらに向上、アビオニクスシステムの進化により離着陸時や飛行時の安定性・安全性などの面でもその機能をさらに強化しているとのこと。

 また、燃費効率も、同等サイズの双発ビジネスジェット機よりも温室効果ガス排出量を低減しているとし、「HondaJet Elite」は、小型ジェット機クラス最高水準の最高速度、最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性、室内サイズ、航続距離を実現しているといいます。

 速度や巡航高度、燃料消費率などを最適化し飛行計画を自動作成する飛行マネジメント機能、気温や標高、機体重量などに基づき必要滑走路長やVスピード、適正な上昇・進入角度などを自動計算する離着陸距離マネジメント機能などを搭載。オプションとして、運用限界を超える領域での飛行を防ぐ機体安定性及び安全性強化機能、ゴーアラウンド時にも自動操縦機能を保持しパイロットの負荷を軽減する機能、航空業界初のスピーカーレス室内音響システム「Bongiovi(ボンジョヴィ)オーディオシステム」も設定されています。

 HACIの藤野道格社長は「『HondaJet Elite』は、性能、移動の効率、および環境において、ビジネス航空業界に新たな価値の創造を追及し続けるという我々の決意を表すものです。進化した技術を追加することで、性能、快適性、そしてデザイン性をさらに向上させた『HondaJet Elite』は、小型ビジネスジェット機の新たなスタンダードとなると期待しています」とコメントしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180528 hndjtelite 02
  • Thumbnail 180528 hndjtelite 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 白鷺みたいなジェット