JALのLCC参入「面白い」 ANAHD片野坂社長、ただ「『ウサギとカメ』ではないけれど…」

JALの国際線中長距離LCC参入、ANAにはどのように映ったのでしょうか。ANAホールディングスの片野坂社長は面白い、ただ『ウサギとカメ』ではないけれど……と語ります。

『ウサギとカメ』ではないけれど

 ANAホールディングスの片野坂真哉代表取締役社長は2018年5月30日(水)、会見でJAL(日本航空)の国際線中長距離LCCへの参入について、「面白いと思いました。お客さまの選択肢、日本のLCCマーケットが広がります」と話しました。

Large 180530 ana 01
ANAのB767とJALのB777(2018年3月、恵 知仁撮影)。

 片野坂社長はLCCについて、欧米でも成長し、長い距離を飛ぶようになっていることから、国際線において今後、主流になっていき、アジアでも台頭して行くとの見通しを示しました。

 ただフルサービスキャリアも、日本は発着枠の関係で羽田にLCCが入りづらいこともあり、LCCと共存していけるのではないかと考えているとのこと。

 ピーチとバニラ、グループふたつのLCCとも黒字が出せるようになっているANA。片野坂社長は「『ウサギとカメ』ではありませんが、油断していると追い抜かれてしまうので、先を急ぎたいと思っています」と話しています。

【了】

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ど両方共に鈍感な亀じゃないの?