「信州アルクマ揚げそば 七味唐がらし味」発売 JR東日本と八幡屋礒五郎がコラボ

JR東日本長野支社と八幡屋礒五郎が、「七味の日」の日に新商品「信州アルクマ揚げそば 七味唐がらし味」を発売します。

主原材料はすべて信州産

 JR東日本長野支社と八幡屋礒五郎は2018年6月26日(火)、「焙煎そば粉EX」を活用した商品「信州アルクマ揚げそば」の新味として、七味唐がらし味を「七味の日」である7月3日(火)に発売すると発表しました。

Large 180627 jrearukumashichimi 01
新商品「信州アルクマ揚げそば 七味唐がらし味」のパッケージイメージ(画像:JR東日本長野支社)。

「焙煎そば粉EX」は玄そばを製粉したときに排出される甘皮部分を焙煎加工したもの。通常のそば粉と比べてそばの味、香りが強いことが特徴といいます。

 新商品「信州アルクマ揚げそば 七味唐がらし味」は25g入りで324円(税込)。主原材料はすべて信州産が使われます。商品はJR東日本長野支社管内の「NewDays」「KIOSK」「科の木」をはじめ、長野県のアンテナショップ「銀座NAGANO」(東京都中央区)、長野県内の一部道の駅、高速道路SA・PA、ドライブインなどで販売されます。

 なお、7月3日(火)は、長野駅の在来線改札前で発売記念イベントが開催。「信州アルクマ揚げそば 七味唐がらし味」の試食、販売、商品製造過程の紹介などが行われる予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180627 jrearukumashichimi 02
  • Thumbnail 180627 jrearukumashichimi 01

関連記事

最新記事

コメント