エアバスコーポレートジェット、ACJ320neo初号機 最終組み立て開始

エアバスが、ACJ320neo初号機の最終組み立てに入ったと発表。2018年中に納入される見込みです。

エアバスコーポレートジェット新時代の幕開けへ前進

 エアバスは2018年6月27日(水)、コーポレートジェットのACJ320neo初号機がハンブルグの製造ラインで最終組み立てに入ったと発表しました。

Large 190627 acj320neo 01
最終組み立てが開始されたACJ320neo初号機(写真:エアバス)。

 A320neoファミリーはすでに300機以上が世界中で運航されていますが、コーポレートジェットのデリバリーはこれが最初となります。他の旅客機同様に、ACJ320neoファミリーは、燃料効率のいい新世代型エンジンやシャークレットが特長です。ACJ320neoは、25人乗りで航続距離1万1100km、13時間のフライトが可能。これは、ロンドンから北京やケープタウン(南アフリカ)、モスクワからロサンゼルスまで飛行できます。ACJ319neoは、8人乗りで航続距離が1万2500km、15時間の飛行が可能です。

 ACJ320neoファミリーの機体特長は在来のビジネスジェットよりも幅広く、天井が高いこと。大陸間を飛ぶための補助燃料タンクが設置され、地方の小さな空港での乗降に便利なビルトインタイプのステップも装備されています。また、乗客の快適性のために機内高度を低く設定。その一方で、在来ビジネスジェットと同程度の運用コスト、より高い残存価値を持ち、エアバスコーポレートジェットの新時代の幕開けを示すものといいます。

 エアバスは2018年6月現在、ACJ320neoファミリーを計9機受注しており、そのうちの3機がACJ319neo、6機がACJ320neoです。ACJ320neo初号機は、2018年中にアクロポリス・アビエーション(イギリス)に納入される見込みとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント