JR東日本に高還元クレカ「JRE CARD」 ポイント3.5%も 乙葉さん「ポイントは日課」(写真30枚)

JR東日本に、新たなクレジットカード「JRE CARD」が登場しました。対象の駅ビルや「JRE MALL」で支払いに使うと3.5%分のポイント還元などが特徴。これにより、「JRE POINT経済圏」がさらに広がっていきそうです。

拡大する「JRE POINT経済圏」

 JR東日本が2018年7月2日(月)、クレジットカード「JRE CARD」の記者発表会を実施しました。

 定期券を含むJR東日本窓口でのきっぷ購入、「Suica」のチャージ、JR東日本国内ツアー商品の購入、「JRE CARD優待店」やショッピングサイト「JRE MALL」での支払いなどで、特に大きな「JRE POINT」の還元(3.5%)があるというもので、その7月2日(月)にデビュー。JR東日本 事業創造本部の副本部長 表 輝幸さんは、列車に乗っていればコンスタントにポイントがたまると話します。

Large 180702 jre 01

拡大画像

左からアトレの一ノ瀬社長、乙葉さん、表副本部長、ビューカードの田浦社長(2018年7月2日、恵 知仁撮影)。

 JR東日本は、2016年2月に「JRE POINT」を開始。バラバラだった各駅ビルのポイント、「Suicaポイント」、クレジットカード「ビューカード」でたまる「ビューサンクスポイント」をこの「JRE POINT」へ統合し、「JRE POINT経済圏」を拡大してきました。

「JRE POINT」は、JR東日本の「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」の中核をなすもので、これにより「駅を中心とするビジネス」に磨きをかけ、「くらし」を作っていくとのこと。

 現在、「JRE POINT」は約460万、「ビューカード」は約530万のユーザーがおり、表さんはこれらを使っている人に、そして「Suica」を使っている人にぜひ、キャンペーンもしているので、「JRE CARD」へ入会してほしいといいます(年会費は2年目以降に477円が必要)。

 ちなみに、「JRE POINT」のイメージキャラクターを務めるタレントの乙葉さんは、「家庭を持ってから、ポイントをためるのが日課」だそうです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(30枚)

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント