新型特急E261系、伊豆方面に投入へ JR東日本初「プレミアムグリーン車」設定

JR東日本が伊豆方面に向けて新たな観光特急列車を運行します。車両は新型のE261系電車で、車内には「ヌードルバー」や同社初の「プレミアムグリーン車」などを設けます。

2020年春デビュー予定

 JR東日本は2018年5月8日(火)、伊豆方面へ新しい観光特急列車を運行すると発表しました。

Large 180508 jreizuspexp 01
伊豆方面への新型特急列車に使われる新型E261系電車のイメージ(画像:JR東日本)。

 2020年春から、東京・新宿~伊豆急下田間で運行開始を予定。車両は新型のE261系電車2編成が投入されます。

 車両のトータルデザインは、工業デザイナーの奥山清行さんが代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。これまでJR東日本の車両では、豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」をはじめ、山手線の新型E235系電車、秋田新幹線のE6系電車などを手掛けています。

 新型E261系の外観は、JR東日本によると「伊豆の圧倒的で雄大な自然」を表現。ベースカラーは「伊豆の海と空」をイメージした紺碧色と、「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」のホワイト、「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」のグレーが使われます。また、開放的な車内空間にするために、各車両の側面上部に天窓が設けられます。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 05
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 06
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 07
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 08
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 09
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 01
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 02
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 03
  • Thumbnail 180508 jreizuspexp 04

関連記事

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. これが何を意味するかというと、伊豆急線内に水戸岡鋭治氏デザインの車両と、奥山清行氏デザインの車両の両方が走るということです。

  2. 踊り子と駿豆線経由修善寺行きは無くなってしまうのかな?

    • 踊り子については、中央線の全特急がE353系化された暁に、追い出されたE257系を回すとの説が有力。

    • E261系が特急ならば、こっちは急行「伊豆」の復活で良いよね?
      急行復活論でも懐古主義でもない。
      両者の格差からすれば、それが妥当ではないか。

    • 近鉄しまかぜのように別途追加料金を取る観光特急という可能性もありますよ。
      あるいは団体専用とするか。

      通常旅客向けの特急についてはE257系転属させ既存の特急料金でいくのかもしれませんね。

  3. 座席は全てグリーン車以上?

  4. 251系への御乗車はお早めに。
    ビュー草津号復活なるか?

  5. プレミアムグリーン車ということはパーラーカーの再来かな?

    • というより、在来線版グランクラスでしょう。

    • 昭和30年代なら間違いなく「つばめ」「はと」「こだま」に投入ですな。

  6. 265系電車なら「急行型」車両だったよね、

  7. ついに(プレミアム)グリーン席が1+1の2列の時代が来たか。 「一等車」(イ)にしてもいいのでは?

  8. 中古ばかりになると思ったけど、新車が入り嬉しいですね。
    エクステリアは485系ジョイフルトレインを連想しますが。

  9. 正面のデザインなんか見たことあるなと思ったら
    オーストリアのWestbahn4010やスイスのRABe511、RABe523とかにかなり似てる。