小田急ロマンスカー「LSE」定期運行を終了 38年の「人生」にひと区切り 今後は臨時で(写真22枚)

小田急の特急「ロマンスカー」車両のひとつ、前面展望席構造が大きな特徴の7000形「LSE」。1980(昭和55)年から続いてきた定期運行の終了にともない、新宿駅で記念式典が行われました。

今後は臨時運行も、2018年度中に完全引退へ

最後の箱根行き特急として新宿駅を発車する7000形「LSE」(1分4秒)。

 小田急電鉄の特急「ロマンスカー」車両のひとつ、7000形「LSE」が2018年7月10日(火)で定期運行を終了。大勢のファンがつめかけるなか新宿駅で記念式典が開催され、乗務員や整備士などの関係者に、花束と記念品(利用者から寄せられた「LSE」へのメッセージを本にしたもの)が贈られました。

 7000形「LSE」は、38年前の1980(昭和55)年に登場。運転席が2階にある前面展望席構造が大きな特徴で、内装、メカニズムなど登場当時としては豪華な車両だったことから、「Luxury Super Express(LSE)」という愛称を持っています。

Large 180710 lse 01

拡大画像

「はこね41号」の出発に合わせ、新宿駅で実施された「LSE」定期運行終了の記念式典(2018年7月10日、恵 知仁撮影)。

「『LSE』は展望席がある2つめのロマンスカー車両で、『ロマンスカーの展望席』を定着させた車両でした」(小田急電鉄 交通サービス事業本部長 五十嵐 秀さん)

 現在、「LSE」は1編成のみ残っており、引き続き臨時列車として走りますが、2018年度中にそれも終了。引退する予定です。

 なお、このたびの「LSE」定期運行終了の記念式典は、小田急「ロマンスカー」を象徴する列車である特急「はこね」(新宿~箱根湯本)として、「LSE」が最後に走るタイミングで実施されています(新宿発15時40分「はこね41号」、箱根湯本発17時25分「はこね34号」)。

 そのため「LSE」の定期運行最終列車は別にあり、2018年7月10日(火)の新宿発19時15分、片瀬江ノ島着20時32分の「ホームウェイ83号」になります。

【了】

※一部内容を修正しました(7月10日17時50分)

この記事の画像をもっと見る(22枚)

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント