「ライナー」夜も運転 「プレミアムカー」も拡大 京阪、9月にダイヤ改正

京阪電鉄が京阪線でダイヤ改正を実施。全席指定列車「ライナー」の増発や、座席指定特別車両「プレミアムカー」の運転時間帯・運転本数拡大などを計画しています。

土休日の快速特急「洛楽」にも「プレミアムカー」

 京阪電鉄は2018年7月17日(火)、京阪線でダイヤ改正を9月15日(土)に実施すると発表しました。

Large 180717 keihandikai 01
「ライナー」に使用される8000系電車(画像:京阪電鉄)。

 全席指定列車「ライナー」を、現在の朝2本から、朝3本+夜2本に増発します。時刻はと運転区間は次のとおり。

●平日下り
・樟葉6時42分発→京橋7時06分→淀屋橋7時14分着
・枚方市7時14分発→京橋7時34分→淀屋橋7時42分着
・出町柳7時40分発→三条7時44分→京橋8時39分→淀屋橋8時47分着
※出町柳~七条間は乗車専用。京橋~淀屋橋間は「ライナー券」なしでも乗車可。
●平日上り
・淀屋橋19時03分発→京橋19時11分→三条20時04分→出町柳20時07分着
・淀屋橋21時50分発→京橋21時58分→三条22時49分→出町柳22時53分着
※淀屋橋~京橋間は乗車専用。七条~出町柳間は「ライナー券」なしでも乗車可。

 停車駅は特急と同じ。利用の際は「ライナー券」が必要です。出町柳発着の「ライナー」が登場することから、一律300円のライナー料金が、改正後は利用区間によって380円か300円になります。たとえば出町柳~淀屋橋間や京橋~中書島間は380円です。

 座席指定特別車両「プレミアムカー」は運転時間帯を拡大。運転本数も平日は現行95本から改正後は105本に、土休日は113本から改正後は快速特急「洛楽」10本を含む118本に増えます。

 このほか、平日朝ラッシュ時は下り特急1本(出町柳7時56分発、淀屋橋行き)と、上り快速急行(寝屋川市6時59分発、出町柳行き)を増発。土休日朝も上り特急2本を増発するなど、運転時刻の変更が行われます。詳しい時刻は8月下旬から、駅やウェブサイトなどで案内される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180717 keihandikai 02
  • Thumbnail 180717 keihandikai 01

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. ようやく、土休日の「洛楽」にプレミアムカーが入るわけだが、何故今まで期間限定レベルに留まっていたのか理解に苦しむ。

    「洛楽」こそ、真っ先にプレミアムカーを入れるべきではないか。

    • 普通の特急に比べると乗客数が少ないんで……。ちなみに「洛楽」のプレミアムカー投入は春秋正月お出かけダイヤでは定番なので(それだけ乗客増える)単なる先取り……。

    • つまり、「洛楽」のプレミアムカー需要がお出かけダイヤ施行時のみにあらずと、やっと京阪が分かった(判断できた、もしくは認めた)ワケだ。

      時間かかったねえ・・・。

    • 試験的に導入していたからでは?

  2. 日頃利用しない人間ではあるが、「ライナー」に関しては、日頃料金不要の車両に料金を払うだけに何だか存した感がするけど、それでも増便するくらい好評だったとは。
    何でも3000系にも「プレミアムカー」を設けるというニュースも。これで特急の多くがプレミアムカーがあることになるが、それでもまだ不足なのだろう。3000系でなく是非8000系(もしくは同型の)新車を投入していただきたい。