JAL「スカイタイム」好き錦織選手、「向くスポーツ」を診断した結果「想定内です」(写真15枚)

プロテニスプレイヤーの錦織 圭選手が「スポーツ能力測定会」に参加。「向いているスポーツ」を診断しました。このイベントはJALの「東京オリンピック」へ向けた展開のひとつで、錦織選手はJALの「スカイタイム」が好きだそうです。

「見てすぐ動く」錦織選手

世界的プロテニスプレイヤー、錦織 圭選手が「スポーツ能力測定」を受けてみた結果……(1分38秒)。

 プロテニスプレイヤーの錦織 圭選手が2018年7月17日(火)、東京都内で「スポーツ能力測定会」に参加。「向いているスポーツ」を診断しました。

「リカバリーバランス」「視覚反応ステップ」「ジャンプ力とバネ力」「スイングスピード」と測定を受けた結果、錦織選手は「反応力」「細かいステップ」「見てすぐ身体が動く」のがスゴく、「卓球」「バドミントン」「テニス」が向いている、という結果になっています。

「想定内の答えでした。卓球もバドミントンも、テニス選手は上手いです」(錦織 圭選手)

Large 180717 nishikori 01

拡大画像

測定結果の説明を受ける錦織選手(2018年7月17日、恵 知仁撮影)。

 ただ今回は、都合から「10mスプリント」などの測定は行っていないため、それをした場合は、また違う結果になる可能性もあるとのこと。

 この「スポーツ能力測定会」は、JAL(日本航空)が2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向け機運を高めるべく実施している、「JALネクストアスリートプロジェクト」の一環として行われているもの。それに今回、JALのサポート契約選手である錦織選手も参加した形です。

「スポーツ能力測定会」は子ども向けで、全国47都道府県での開催が目指されており、これまで11都道府県で実施(7月17日現在)、3000人以上の子どもたちが参加。JALによるとこの「測定会」には、「東京オリンピック・パラリンピック」というタイミングで、子どもたちが自らの可能性に気づき、夢を抱き、一歩踏み出すきっかけを、航空会社としてさまざまな人々の「夢」や「未来」を切り開く手伝いをしてきたJALがサポートすることで、JALファンの拡大につなげる、という狙いがあるといいます。

この記事の画像をもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail  r4a4314
  • Thumbnail  r4a4341
  • Thumbnail  r4a4362
  • Thumbnail  r4a4389
  • Thumbnail  r4a4420
  • Thumbnail  r4a4426
  • Thumbnail  r4a4430
  • Thumbnail  r4a4443
  • Thumbnail  r4a4473
  • Thumbnail  r4a4485
  • Thumbnail  r4a4502
  • Thumbnail  r4a4528
  • Thumbnail  r4a4537
  • Thumbnail 180717 nishikori 01
  • Thumbnail 180717 nishikori 02

関連記事

最新記事

コメント