ロマンスカー「LSE」10月13日引退 9月から日帰りツアーで運転 小田急

定期運行を終えた小田急電鉄の特急ロマンスカー「LSE」が、今後、日帰りのイベント運転を行います。「さよならツアー」も実施される予定です。

計4日間、ツアー列車として運転

 小田急電鉄は2018年7月18日(水)、7000形「LSE」の最終イベント列車を9月から10月にかけて運行すると発表しました。

Large 180719 oerlseretire 01
2018年10月13日のイベント運転をもって引退する7000形「LSE」(2018年6月、恵 知仁撮影)。

「LSE」は特急「ロマンスカー」用の車両で、1980(昭和55)年に登場。前面展望席構造が大きな特徴で、内装やメカニズムなど登場当時としては豪華な車両だったことから「Luxury Super Express(LSE)」という愛称を持っています。4編成が造られ現在は1編成が残っていますが、2018年7月10日(火)に定期運行を終了しました。

 イベント列車は9月15日(土)、30日(日)、10月8日(月・祝)、13日(土)の計4日間運転されます。概要は次のとおりです。

●特急ロマンスカー・LSE(7000形)で行くヱビス生ビール列車の旅
・日時:9月15日(土)11時30分集合、14時55分解散(予定)
・行路:新宿→小田原
・募集:340人
・旅行代金:6450円(未成年者は参加不可)
・発売:7月25日(水)15時
・内容:出発前に缶ビール1本とおつまみセットを用意。車内でヱビス生ビールが飲み放題。「LSE」グッズと琥珀ヱビス試供品をプレゼント。車内販売なし。

●小田急まなたび 現役乗務員企画!特急ロマンスカー・LSE(7000形)で行くわくわく、喜多見・海老名基地ツアー
・日時:9月30日(日)9時10分集合、14時15分解散(予定)
・行路:喜多見車両基地→新宿→伊勢原→海老名車両基地
・募集:320人
・旅行代金:大人6180円(OPクレジットカード会員5680円)、小学生5480円(同会員4980円)
・発売:8月2日(木)15時
・内容:喜多見車両基地から乗車し、海老名車両基地で下車。喜多見車両基地で洗浄体験、「LSE」車内で現役乗務員らによるイベントを実施。弁当を用意。車内販売なし。

●小田急まなたび ありがとう特急ロマンスカー・LSE(7000形)に乗車!車内で楽しむ「神奈川地酒利き酒会」
・日時:10月8日(月・祝)11時30分集合、15時30分解散(予定)
・行路:新宿→小田原→秦野(小田原駅では入れ換え線を使って上下線を移動)
・募集:180人
・旅行代金:1万990円(OPクレジットカード会員9990円、未成年者は参加不可)
・発売:7月31日(火)15時
・内容:神奈川県酒造組合13蔵の蔵人が同乗し利き酒を楽しむ。フリーアナウンサーで和酒コーディネーターのあおい有紀さん、小田急ホテルセンチュリー相模大野ソムリエの小牧直樹さん、小田急レストランシステム酒匠の小池和男さんが同行。弁当、おつまみセットを用意。車内販売なし。

●特急ロマンスカー・LSE(7000形)さよならツアー
・日時:10月13日(土)11時30分集合、15時10分解散(予定)
・行路:新宿→小田原→秦野(小田原駅では入れ換え線を使って上下線を移動)
・募集:410人
・旅行代金:大人8880円、小学生8080円
・発売:8月7日(火)15時から
・内容:記念乗車証明書、乗車証明書(D型硬券)、「LSE」グッズ(本ツアー限定品を含む)をプレゼント。記念掛け紙付き弁当を用意。アテンダントが昔の制服を着用し車内販売を実施。

 各ツアーの申し込み受付は、小田急トラベルの小田急旅の予約センター(電話)やウェブサイト、各店舗で行われます。一度に申し込める人数は8人まで。また、15歳未満の参加は保護者の同伴が必要です。展望席(前、後)は希望した人から抽選で決定し、出発当日に発表されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180719 oerlseretire 02
  • Thumbnail 180719 oerlseretire 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 小田急電鉄が寂しくなる……。
    9月30日、撮影に行きます!