新幹線から見える謎看板「727」が模型化! 台座付きで発売

新幹線から見える「727」の野立て看板が、模型として商品化されます。

8月下旬発売

 化粧品メーカーのセブンツーセブンは2018年7月27日(金)、新幹線沿線に設置している野立て看板「727」の模型が8月下旬に発売されると発表しました。

Large 180727 727board 01
新幹線から見える「727」の野立て看板(画像:セブンツーセブン)。

 鉄道模型店のポポンデッタが、セプンツーセブンから許諾を得て製品化。Nゲージ(150分の1)のスケールより少し大きいといいます。台座付き2枚入りで1000円(税別)です。

 セブンツーセブンによると、野立て看板広告は高度経済成長期からスタート。現在は東海道新幹線のほか、山陽新幹線、東北新幹線、上越新幹線の沿線に設置しています。

 ちなみに現在の看板のデザインは3代目。設置間隔は「5~7分間隔で1本見えるぐらい」といいます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180727 727board 02
  • Thumbnail 180727 727board 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この記事を書いたの7月27日。
    セブンツーセブンの会社名の由来は創業者の誕生日が7月27日だったからで、ボーイング727は全く関係ありません。