新大阪駅の新幹線20~26番線にホームドア導入 扉長さ5mの大開口タイプ JR東海

JR東海が新幹線の新大阪駅20~26番線にホームドアを設置へ。16両編成と8両編成の両方に対応するよう、扉の長さが約5mの大開口タイプが導入されます。

16両編成と8両編成の両方に対応

 JR東海は2018年8月1日(水)、新幹線・新大阪駅の20~26番線にホームドアを設置すると発表しました。

Large 180801 jrcsoosakaformdoor 01
大開口ホームドアの設置イメージ。扉の幅は約5mにおよぶ(画像:JR東海)。

 同駅は16両編成と8両編成の列車が発着することから、異なるドア位置に対応した開口部の広いホームドアを開発する必要がありました。

 今回、その開発にめどが立つなど準備が整ったことから導入に着手。扉の幅は現行の約3.4mより広い約5mにし、さらに材質をアルミ材から炭素繊維強化プラスチック(CFRP)に変更し軽量化が図られます。JR東海によると、扉が車輪なしの片持ち式構造で約5mというのは国内最長といいます。

 工事の期間は2018年度から2022年度までの5年間。費用はおよそ71億円です。なお、16両編成の列車のみが発着する27番線は、扉の幅が約3.4mのホームドアがすでに設置されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180801 jrcsoosakaformdoor 02
  • Thumbnail 180801 jrcsoosakaformdoor 03
  • Thumbnail 180801 jrcsoosakaformdoor 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 誰かが寄りかかったら,すぐに壊れそう...

  2. 20番線だけJR西日本が管理してるホームと聞いて朝一下り(ひかり441号という700系16両編成が岡山以西にのぞみ以外が下る唯一の運用)以外は基本8両専属ホームなんですけどそこもホームドアをJR東海が付けるんですね。

  3. 東海は資金が莫大ですなあ…