FC東京の応援歌2曲が列車接近メロディーに 京王・飛田給駅

味の素スタジアムの最寄り駅である京王線・飛田給駅の列車接近メロディーに、FC東京の応援歌が採用されます。

クラブ創設20周年記念

 京王電鉄と調布市(東京都)は2018年8月30日(木)、プロサッカークラブ「FC東京」のクラブ創設20周年を記念し、9月29日(土)から京王線・飛田給駅の列車接近メロディーをFC東京の応援歌として歌われている『You'll never walk alone』と『東京ブギウギ』にすると発表しました。

Large 180830 keiotobitakyu 01
味の素スタジアムの最寄り駅、飛田給駅。2017年度の1日平均乗降人員は2万6779人(画像:京王電鉄)。

 飛田給駅は、FC東京のホームスタジアムである味の素スタジアムの最寄り駅であり、試合開催日には多くのサポーターが利用しています。スポーツチームの応援歌が列車接近メロディーに導入されるのは、京王電鉄の駅では初めてです。

 上り新宿方面の2・3番線ホームは試合開始前に歌われる『You'll never walk alone』、下り1番線ホームは得点時に歌われる『東京ブギウギ』をそれぞれ導入。両メロディーは、歌手・作曲家でさらに鉄道ファン、FC東京サポーターとして知られる土屋礼央さんの制作したものが使われます。メロディーは列車到着前の案内放送の前段に5秒程度放送されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント