路線限定JAL機内ドリンク「スカイ・ロワイヤル」とは スカイタイム使いリゾッチャ時代に誕生(写真27枚)

「ロワイヤル」の由来は? かつては「ゆず」「シークワーサー」の味

 その名前については、カクテルの「キール・ロワイヤル」(キールとシャンパン、もしくはスパークリングワイン)に着想を得て、「スカイタイム」+スパークリングワインで「スカイ・ロワイヤル」になったとのこと。

Large 180903 skytime 05

拡大画像

コナ発成田行きJAL779便の客室乗務員(2018年8月、恵 知仁撮影)。

 JALによると「スカイ・ロワイヤル」は、ハワイ線で人気のあるドリンクのひとつで、乗務員オススメのメニューでもあるとのこと。乗客からは飲みやすくておいしい、特別感を感じる、といった声があがっているそうです。

Large 180903 skytime 06 Large 180903 skytime 07 Large 180903 skytime 08

拡大画像

拡大画像

拡大画像

JALのハワイ・コナ発成田行きエコノミークラスの和食。
JALのハワイ・コナ発成田行きエコノミークラスの和食。
いまJALの機内販売で人気という美顔ローラー「リファカッサレイ」。

 実際に2018年8月、ハワイ島のコナ発成田行きのJAL便で「スカイ・ロワイヤル」を試したところ、後味がスッキリとしており、飲みやすい印象でした。

 現在、機内で提供されている「スカイタイム」はキウイ味で、キウイ果汁3%、ビタミンCとローヤルゼリーが入っています。

 なお2004年4月の「スカイ・ロワイヤル」登場当時、機内で提供される「スカイタイム」は現在のキウイ味ではなくゆず味で、「スカイ・ロワイヤル」もその味でした。また「スカイタイム」がシークワーサー味だった時代もあり、やはりそのときは「スカイ・ロワイヤル」、その味でした。

【了】

この記事の画像をもっと見る(27枚)

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント