船旅は個室が主流に 新フェリー「さんふらわあ きりしま」進化の内容は 大阪~志布志間に就航(写真98枚)

フェリーさんふらわあが、新造船「さんふらわあ きりしま」を披露。先に就航している「さんふらわあ さつま」と同様、客室の8割以上が個室です。

「さんふらわあ さつま」に続く新造船

 2018年9月15日(土)、大阪~志布志(鹿児島)航路に新造船「さんふらわあ きりしま」が就航します。これに先駆けフェリーさんふらわあが12日(水)、さんふらわあターミナル(大阪市住之江区)でこの新造船を報道陣に公開しました。

Large 180912 sunflower 01

拡大画像

2018年9月15日に就航する新造船「さんふらわあ きりしま」(2018年9月12日、伊藤真悟撮影)。

 船の旅を単なる移動手段としてではなく、航海そのものを楽しむ「カジュアルクルーズ」と位置付けているフェリーさんふらわあは、快適に旅ができるよう新造船で個室の割合を8割以上まで増やし、さらに個室全室にシャワーと洗面台、トイレを設置し快適性を向上させています。エントランスや船上レストランもゆったりとした空間になり、1人から子ども連れの家族、グループ、ペット連れなど多様な利用スタイルに対応できるように進化させています。

 今回登場の「きりしま」は、大阪~志布志航路で1993(平成5)年8月から使われている同名船を更新するために新造されました。全長は旧船より6m長い192m、総トン数は1万2418tから1万3500tへとアップ。積載車両数は、大型トラック(13m換算)で104台から121台に増え、物流の需要にも応えます。

この記事の画像をもっと見る(98枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. さんふらわあぱーるの長期ドックからの復帰で旧さつまはやっと引退しましたが、今度は旧きりしまが引退できないとは
    で今度は同航路で旧きりしま、新きりしまですか
    なかなか霧が晴れませんね
    名門のフェリーおおさか2もぱーる同型の機関の、こちらはドック時の修繕ミスで減速航行をせざるえない状況でしたが臨時ドックで定刻航行に復帰できると聞いてますが今回の新さつまのトラブルは振動対策か何かでしょうかね?
    まあ新しく個室は増えたとは言えど三菱下関で建造された旧さつまを凌げない精度の甘さも最近のコストダウンの影響なんでしょうかね?
    北海道さんふらわあも初期トラブルに見舞われて営業処女後悔直後にトラブルが炙り出たりで
    まあ部屋は増えても個室単位では旧船のほうが同等級では明らかに広いし
    車業界と同じく旧を凌ぐ新が最近は影を潜めてしまってますね。
    まあ旧さつま きりしまも昔は東京、大洗、苫小牧に転配された事を思えば引退の時期なのですが
    阪九の新船はトラブル無く航行してますし、オレンジフェリーの新船も中々安定のある良い船だと思いますね