なぜクルマごとに自動車保険料が違うのか 軽も2020年から3段階に、保険料率の基準とは

自動車保険の保険料算出に係る基準が2020年1月から見直されます。これまで一律だった軽自動車の保険料率が3段階に分けられるほか、普通・小型自家用車の基準もより細分化されます。そもそも、乗っているクルマによってなぜ保険料が異なってくるのでしょうか。

同じクルマに乗る「ユーザー属性」も反映される

 自動車保険の保険料算出基準が、2020年1月から大きく見直されます。

 現在、普通および小型自家用車(3、5、7ナンバー)における自動車保険料の算定には、損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構(損保料率機構)が定める「型式別料率クラス」が基準のひとつとして適用されています。対人および対物賠償責任保険、搭乗者傷害保険、車両保険の保険料率について、そのクルマに応じてそれぞれの事故リスクを1~9段階で評価するもの。車種ごとではなく型式ごとに定められているため、同じ車種でも年式やモデルによって異なってきます。

Large 181025 hokenryo 01
軽自動車のイメージ。2020年から、自家用の軽自動車にも自動車保険の型式別料率クラスが設けられる(画像:写真AC)。

 2020年1月からは、これまで一律だった自家用の軽自動車でも、3段階の型式別料率クラスが適用されるだけでなく、普通・小型自家用車のクラス分けも9段階から17段階まで細分化されます。変更の背景を損保料率機構に聞きました。

――そもそもなぜ車種、型式によって保険料が異なってくるのでしょうか?

 クルマごとの事故リスクを自動車保険料に反映するためです。そのクルマの形状や構造、装備、性能、あるいは同じクルマのユーザー層によって、リスクに差が見られるため、それを型式単位で評価し、保険料に反映されています。

 おもには、保険料と保険金のバランスを実績から評価しており、たとえば修理代が高いようなクルマはクラスが上がる、つまり保険料が高くなります。ユーザー特性も反映されるので、スピードを出す人が多いクルマではリスクも高く評価されるわけです。ただ、毎年クラスを見直していますので、リスクが低ければクラスも下がっていきます。

――普通・小型車が9段階から17段階となるのはなぜでしょうか?

 装備や性能に差が出てきていることを反映し、より精緻に基準を算出するためですが、基本的には従来と同じ考え方です。9段階ではクラスがひとつ上がるごとに保険料率が1.2倍となり、クラス1とクラス9では約4.3倍の差が生じました。17段階になると、クラス間の保険料率の差は約1.1倍になりますが、クラス1とクラス17の差は、従来と同じく約4.3倍です。

トヨタ プリウスの中古車情報

Uz0026079127 001l

排気量
1490cc~1800cc
価格帯
1.0万円~398.0万円

中古車情報を見る

スズキ ワゴンRの中古車情報

Uz0026079338 001l

排気量
650cc~660cc
価格帯
1円~248.0万円

中古車情報を見る

ホンダ N-BOXの中古車情報

Uz0026079043 001l

排気量
650cc~669cc
価格帯
29.0万円~238.9万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181025 hokenryo 03
  • Thumbnail 181025 hokenryo 04
  • Thumbnail 181025 hokenryo 05
  • Thumbnail 181025 hokenryo 06
  • Thumbnail 181025 hokenryo 01
  • Thumbnail 181025 hokenryo 02

関連記事

最新記事

コメント