クルマの乗り換え時期はいつなのか 「高齢化」進む日本のクルマ、その実際のところ

日本ではひとつのクルマに長く乗り続ける人が増え、クルマの「高齢化」が進んでいます。いまのクルマは確かに丈夫になっているようですが、税金、保険料など維持費の面で、乗り換えをどう意識すればよいのでしょうか。

日本のクルマの平均車齢、平均使用年数は

 現在クルマを運転している人は、そのクルマをどれくらいの期間乗っているのでしょうか。

Large 180823 norikae 01

拡大画像

1989年に発売されたマツダ初代「ロードスター」NA型。長く乗り続けている人が多い車種のひとつ(画像:マツダ)。

 自動車登録情報を管理する自動車検査登録情報協会が、人間でいう「平均年齢」にあたる、いま走っているクルマの平均車齢(新車登録からの経過年の平均。軽自動車を除く)を公開しています。それによると、2017年3月末における乗用車の平均車齢は8.53年。これは10年前と比べて1.44年延び、23年連続して過去最高齢を更新しているそうです。

 そして、人間でいう「平均寿命」、つまりそのクルマが国内で登録されてから登録抹消されるまでの平均使用年数は、同時点において乗用車で12.91年です(一時抹消も含まれるため、完全にスクラップされるまでの期間とは異なる)。これは10年前と比べて1.25年延びています。

 軽自動車はどうでしょうか。軽自動車検査協会のデータによると、2017年12月末現在における軽乗用車の平均車齢は8.37年、2017年の永久返納車両における平均使用年数は14.55年となっています。これは10年前と比べ、それぞれ1.93年、2.33年延長しており、「高齢化」の進展は登録車よりも顕著です。

 たとえば登録乗用車の平均使用年数は、1980(昭和55)年に8.29年だったのが、2001(平成13)年を境に10年を超え、以後も年数が延長する傾向にあります。1台のクルマが10年以上乗り続けられるケースは着実に増えているといえるでしょう。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180823 norikae 03
  • Thumbnail 180823 norikae 01
  • Thumbnail 180823 norikae 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 記事にある二代目フィットは初代ほどの煮詰め感は無くCVTの設定も初代ほどの直結感は無く言わば利益に走った初代フィットと言えるでしょうね。
    初代、特に初代の1300の2バブルは小さな排気量でもシンリンダー行程を大きく取り実用域できっちりトルクを出すエンジンでCVTの設定もこのトルクを利用して極力滑らさない最近の新車では考えられないような直結感のある車でした。
    世間では馬力と優遇税制が的になる風潮で実際の生活環境で仕事の出来る車は中々注目されませんが、今の車作りの根元では頼みの代替え需要も底が見えてるような気がしますね

  2. この三十年近く、車は初回車検までに乗り換えてるな。
    十年とか一台の車をそんな長く乗る気持ちがわからない。

    • すげーな!俺は未だに初年度登録から24年目のトヨタ車だけど自分の車種の持病と言われたパワステポンプのオイル漏れも無いし、当然に真下のオルタネーターも30万キロ交換無し
      車検に通らないボールジョイントのガタは7万キロ前後で2回交換、他は1UZエンジンはタイベルなので3回交換と同時にウォーターポンプも交換、ATも昔の4速なので特に異常無し、いよいよマフラーの遮熱板がダメでトヨタからの部品供給が来年で終わるので買い換えを検討してますが、若い頃はバカみたいに検切れ前に入れ換えることもやりましたが今の車は同じ下駄に化粧直しをするだけの産物なのでアホらしくて最低でも一回は車検を通す乗り換え方に変えましたが、それでも替える車は尽く同じ下駄なのには呆れました。
      その中には輸入車もありましたが輸入車は更に深刻な状況でしたね。
      因みに今の私のトヨタ車は一度もリコールは届け出されてませんが空調システムの弱さには難儀をしております。

  3. 10万キロを越えてくると故障が出てきますね。
    私の場合はメーカーリコール掛かってリコール対策された箇所が駄目で自走不可能に
    メーカーに聞いてみたら「経過劣化なので保証対象外」だそうです。
    その後はバタバタと症状色々出て約一年で約50万円以上は程度は出て行ったと思う。
    それから約一年程度は落ち着いたが300ps以上ある車なのでブッシュのヘタリと足回りがもう駄目ですね
    オーバーホールしないと本当駄目です。車体バランスが悪い。