採用減る「センターメーター」は何だったのか クルマづくりにもたらす意義とは

視線移動が少ないなどのメリットから、2000年代からさまざまなクルマに採用が広がったセンターメーターですが、最近ではモデルチェンジを機に廃止されるケースも。結局、センターメーターの意義はどこにあるのでしょうか。

視線移動の少なさのほか、デザインの自由度も

 センターメーターとは、クルマの速度計などの主要計器を、ダッシュボード中央部分に設置したもの。古くは1959(昭和34)年にイギリスで発売されたBMC「ミニ」などに見ることができますが、日本では1997(平成9)年に発売されたトヨタ「プリウス」(初代)に採用されたのをきっかけに、ほかの車種への採用が広がったといわれています。

Large 180515 speedometer 01
センターメーター搭載車のイメージ(画像:写真AC)。

 トヨタに限っていえば、初代「プリウス」の発売以後、2000年代にかけて「プラッツ」「イプサム」「イスト」「オーパ」「ラウム」「ヴィッツ」「bB」「エスティマ」など、実にさまざまなモデルに採用されていきましたが、近年では引き続き採用が続くモデルがある一方、モデルチェンジなどを機に従来のメーター配置(以下、運転席メーター)に戻されたケースも。2018年4月時点のトヨタ車で採用されているのは「ポルテ/スペイド」「エスティマ」「プリウス」「アクア」など一部の車種に限られ、一時期ほどの広がりは見られなくなっています。

 そもそも、センターメーター独自のメリットとは何でしょうか。トヨタによると、「プリウス」に採用されたセンターメーターは、運転席メーターより遠い位置に情報を表示させているのが特徴だといいます。

「遠方視点のセンターメーターは、上下左右の視線移動、前後方向の焦点移動が小さく、視認性に優れています。また、ステアリングホイールを通した視認性を考慮する必要がないため、メーターのデザインに自由度が増すこともメリットのひとつです」(トヨタ)

 トヨタによると、「プリウス」のセンターメーターは同車のアイデンティティのひとつで、「時代の先駆けとしてふさわしい独創的なコックピット」というコンセプトのもと、初代から4代目モデルまで一貫して採用。メーター自体も、エンジンとモーターの使用状況、走行データ、燃費履歴など多彩な情報を表示するデザインへと進化しています。

トヨタ アクアの中古車情報

Uz0026270400 001l

排気量
1490cc~1500cc
価格帯
27.5万円~254.5万円

中古車情報を見る

トヨタ プリウスの中古車情報

Uz0026270500 001l

排気量
1490cc~1800cc
価格帯
1.0万円~398.0万円

中古車情報を見る

ダイハツ タントの中古車情報

Uz0026270741 001l

排気量
0cc~660cc
価格帯
1円~223.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180515 speedometer 05
  • Thumbnail 180515 speedometer 01
  • Thumbnail 180515 speedometer 02
  • Thumbnail 180515 speedometer 03
  • Thumbnail 180515 speedometer 04

最新記事

コメント

14件のコメント

  1. あー言えば、こー言う?
    視界?見切り?そんなもんは遠の昔に切り捨てたユーザー視線無視の車作りにバックセンサーやコーナーセンサー駐車アシスト、車にオプションか?優遇税制に便乗した車と言う本体がオプションに成り下がった今日に懐かしい運転感覚の見切りなんて言う言葉は業界では死語ではなかったのか?

    • 衝突安全性や空力、デザイン性等で見切りが犠牲にされた分、どの様に視界を確保するかというのは近年メーカーの課題だったんでしょう。センターメーターに限らず、Aピラー、三角窓の配置等工夫が見られる車もあります。

    • あと、HUD。最近は軽自動車にも搭載されています。

  2. たしか元々ミニはセンターメーターにすると輸出に際して、ハンドル、アクセル、ブレーキだけで”簡単”に改造してパーツも減らせるからの理由じゃなかったけ?
    今の特に軽は関係がないから見かけ上の話だけどな。

  3. センターメーターは見やすくて良い
    でも今後HUDの採用が増えるだろうからセンターメーターにするメリットは薄れるよな

  4. 妻の車がトヨタでセンターメーターであるが、視線移動が少ないとも使いやすいとも私は思わない。大きなプラスティック部品が完全左右対称なので、左右どちらのハンドルでも金型を共用できるコストダウンがそもそもの目的であると推測している。よってセンターメーター車が減っているのは使い勝手からはいい方向と考える。

    • 私もハンドルの位置による作り分けが不要になるからが大きいと思います。

  5. コストの為を永延と良いわけがましく
    やれ「目線の移動が少ない」だとかと言われても
    ユーザーからすれば、それ本当に使いやすいと思ってるの?メーカーに問いたいね。

    メーター周りを弄るより先にペダル・ハンドル位置を正常なポジションにするのが先じゃね?とメーカーに問いたいね。
    この時代ミニバンが一気に広まったトヨタ・ホンダが幅を効かせてたので安直すぎな物が多くて嫌いだった。

  6. イプサムはイプー、240共にセンターメーターではないですが?

  7. プリウスよりも前にエスカルゴがセンターメーターを採用していたんですが・・・

  8. 若い人は、アンダーメーター
    年寄りは、センターメーター
    がいいらしい

  9. 「センターメーターは視線移動が少ない」
    とずっと言われているが、一度もそう思ったことがない。
    走行中、常に歩道側を注視していればそうかもしれないけれども、基本的に先行車や信号などを見るのであれば正面にあるメーターであれば視線の上下だけで済むが、センターメーターだと、視線を斜めに移動する必要がある。

    所詮、自動車メーカーが左右ハンドル車の部品共通化をしやすい勝手なエゴだとしか思えいのは自分だけだろうか?

  10. 対向車にも気を使うので視線がやや右側になったりもするのでセンターメーターだと明らかに視線移動が大きい
    トヨタがセンターメーターを採用しだしたときにクラウンなどの高額車には採用しなかったのはなぜか?
    結局はコストダウン優先だったのだ

  11. そんなことより私は15000ccのプリウスのエンジンが見たい。