仙石線の仙台~石巻間が開通90周年 記念スタンプラリー開催 JR東日本

JR仙石線の仙台~石巻間が開通90周年を迎えます。これを記念し、沿線を中心に様々なイベントが予定されています。

11月22日に開通90周年

 JR東日本仙台支社は2018年10月25日(木)、仙石線の仙台~石巻間が開通90周年を迎えるのにあわせ、記念スタンプラリーを開催すると発表しました。

 仙石線はあおば通~石巻間を結ぶ49.0kmの鉄道路線です。宮城電気鉄道が1925(大正14)年に仙台~西塩釜間を開業し、1927(昭和2)年に松島海岸駅まで延伸しました。さらに1928(昭和3)年11月22日には石巻駅まで達し、仙台~石巻間は今年の11月で開通90周年を迎えます。

 なお、1944(昭和19)年には宮城電気鉄道が国有化され、同時に「仙石線」という路線名が制定されました。その後、国鉄分割民営化によりJR東日本が継承し、2000(平成12)年にはあおば通~仙台間が開通しています(仙石線はこのほか貨物支線もあり)。

Large 181026 jresenseki90 01
仙石線(仙台~石巻)開通90周年記念ロゴ(画像:JR東日本仙台支社)。

 記念スタンプラリーは、90周年を迎える11月22日(木)から、約3か月後の2019年2月19日(火)まで開催。台紙を入手し、松島海岸駅、石巻駅、松島観光案内所、石ノ森萬画館の4か所のスタンプをすべて集めると、「仙石線開通90周年限定 石ノ森萬画館オリジナルクリアファイル」(限定900個)がプレゼントされます。

 また、毎週日曜、石巻駅に到着(11時47分着)する「マンガッタンライナー」の乗客に配布していた乗車記念証明書が、11月25日(日)以降は仙石線開通90周年バージョンに変更されます。なお、この証明書はなくなり次第、従来のデザインのものに切り替わります。

 このほか、11月24日(日)には、石巻駅で開通90周年記念セレモニーが開催。さらに「仙石線開通90周年&石ノ森章太郎生誕80周年記念ツアー『マンガッタンライナーで行く!萬画ミステリー列車』」も実施される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント