搭乗前に体重を聞かれる!? 日本唯一、19人乗り小型機による伊豆諸島空路 ならではのフライト体験

東京都の調布飛行場に発着する伊豆諸島への空路では、日本でここだけ、19人乗り小型プロペラ機が就航しています。小型機ならではの珍しい体験もある空の旅、機内からの景色も一般的な飛行機とはちょっと違います。

日本では伊豆諸島空路でしか乗れないドルニエ228シリーズ

 東京都調布市にある調布飛行場からは、伊豆諸島へ向かう定期路線が就航しています。運航しているのは、茨城県龍ヶ崎市に本社を置く新中央航空。大島、新島、神津島、そして三宅島の4路線があり、それぞれ1日3~4往復程度の便が設定され、島民やビジネス客、そして観光客の重要な足になっています。

 これらの島へは、港区の竹芝桟橋から東海汽船が客船とジェットフォイルを運航していますが、客船は東京発が夜行便の1日1往復のみ、また大島以外はジェットフォイルの便数が限られます。船の所要時間が長いこともあり、運賃は高いものの、飛行機を選択する利用者も少なくありません。

Large 181025 shinchuo 01

拡大画像

出発の準備につくドルニエ228型機(画像:石川大輔)。

 これら伊豆諸島空路には、ほかの路線にはない特徴も。日本ではここだけ、ドイツ製のドルニエ228シリーズという旅客定員19人の小型プロペラ機が使用される点です。伊豆諸島側の空港は滑走路が短く、大手の航空会社が使っているような大きなプロペラ機では離着陸ができません。そのため、短距離での離着陸性能に優れたドルニエ228シリーズが重用されているのです。

 垂直尾翼にイルカの図柄が描かれた青と白の機体は、どこかマイクロバスのようにも見えます。機内に入ると、客席は最後部の3列席を除いて両サイドに2列配置。客室のドアがタラップを兼ねているほか、荷物室が後部のほか機首にもあり、空港では手作業で積み下ろしが行われるなど、小型機ならではの光景を見ることができます。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181025 shinchuo 04
  • Thumbnail 181025 shinchuo 05
  • Thumbnail 181025 shinchuo 06
  • Thumbnail 181025 shinchuo 01
  • Thumbnail 181025 shinchuo 02
  • Thumbnail 181025 shinchuo 03

関連記事

最新記事

コメント