エアバスA330-800、初飛行に成功 A330neoファミリーの短胴型(写真15枚)

エアバスA330-800テスト機が、初飛行を成功裏に終了。およそ4時間にわたり、フランス南西部上空を飛行しました。

2019年の型式証明取得を目指す

 エアバス社(フランス)は現地時間2018年11月6日(火)、A330-800テスト機(MSN1888)が初飛行を成功裏に終えたと発表しました。

Large 181107 airbusa330 800firstflight 01
初飛行中のA330-800テスト機(画像:エアバス)。

 同機はフランス南部のトゥールーズ・ブラニャック空港を現地時間午前10時31分に離陸。その後、フランス南西部上空を4時間4分にわたり初飛行しました。

 エアバスが開発しているA330neoファミリーのうち短胴型のA330-800型機は、ロールス・ロイス社製のトレント7000ターボファンエンジンを搭載。3クラス制で257席を設けます。

 エアバスによると今後のテストプログラムで約300時間の飛行テストを行い、2019年の型式証明取得を目指すということです。なお、姉妹機のA330-900はすでにテストプログラムを完了しており、A330neoファミリー共通のエンジンやシステム、客室、飛行、地上運用が承認されているとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(15枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント