芸能マネジャーの冠番組『南田の鉄道ファーン!』出発進行 大人も楽しい子ども向け

鉄道ファンとして知られるホリプロの南田裕介マネジャーが、鉄道ファン(子ども)向けの番組をスタート。その名も『南田の鉄道ファーン!』。かっこいい列車がたくさん出てくるそうです。「TSUTAYAプレミアム」で配信されます。

「暇つぶしで路線図を書きます」

 TSUTAYAとホリプロが、店舗レンタルとネット配信を融合した月額定額サービス「TSUTAYAプレミアム」における、子ども向けバラエティー番組の第1弾として、「鉄道」の番組を共同制作。2018年11月13日(火)、東京・代官山の蔦屋書店で記者発表会を行いました。

Large 181113 tsutaya 01

拡大画像

南田裕介さん(右)、岡安章介さん(左)と獅童君(2018年11月13日、恵 知仁撮影)。

 番組のタイトルは『南田の鉄道ファーン!』。その名の通り鉄道ファンとして知られ、テレビ番組に「鉄道BIG4」としても登場しているホリプロの南田裕介マネジャーが「駅長」として出演するもので、“かっこいい列車”や“普段見られない鉄道”がたくさん登場するそうです。

「鉄道が大好きで、大好きなんです。だから、いろんな鉄道の素晴らしさをお伝えできればと思います。貴重な映像を見ながら、なるべくわかりやすい解説をしていますので、鉄道好きキッズも、あまり鉄道を見たことがないなぁというキッズも、ぜひご覧になってください。出発進行!」(南田裕介さん)

 また、同じく「鉄道BIG4」のひとりで、同番組にキャラクター「カンテくん」(カンテラ〈合図などに使う器具〉が由来)の声で出演するお笑いトリオ「ななめ45°」の岡安章介さんは、「お母さん、お父さんも一緒に楽しめ、鉄道を好きになれる番組です。ただ、ハチロク(8620形蒸気機関車)の排煙装置についての話が出てくるなど、マニアックなところもあって、鉄道好きの方も楽しめる内容です」と話します。

 番組には、SNSから発掘された次世代キッズファッショニスタの獅童君(8歳)も出演。今回の発表会には伊豆急行の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の衣装で登場し、「電車を壊すときは“死神”という電車が来るんだよ」「暇つぶしで路線図を書きます」というマニアックな発言も。配信開始は2018年11月16日(金)です。

【了】

※一部修正しました(11月13日19時10分)

この記事の写真一覧

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 南田はマジで無理。
    胡散臭いのが滲み出てる。