「冬の高尾山ハイキング号」初運転 臨時座席指定列車で山や温泉へ 京王

京王電鉄が、高尾山口行きの臨時座席指定列車「冬の高尾山ハイキング号」を初めて運転。温泉入浴や記念品が付いてきます。

新宿発・高尾山口行きで運転

 京王電鉄は2018年11月22日(木)、臨時座席指定列車「冬の高尾山ハイキング号」を12月の3連休に初めて運転すると発表しました。

Large 181122 keiofuyutakao 01
臨時座席指定列車「冬の高尾山ハイキング号」に使用する5000系電車のイメージ(画像:京王電鉄)。

 高尾山の山頂から「ダイヤモンド富士」が見られる12月22日(土)~24日(月・休)に、新宿発・高尾山口行きとして1日1本運転されます。「ダイヤモンド富士」は夕日と富士山の山頂が重なって見える現象で、京王電鉄によると、高尾山からは毎年、冬至(2018年は12月22日)の前後に見られるといいます。

 列車は「京王ライナー」と同様、5000系電車10両をクロスシート(進行方向向きの座席)で使用。新宿駅を10時28分に出発し、高尾山口駅に11時26分に到着します。途中駅で乗り降りは行われません。

 料金は大人3000円、子ども(4歳~小学生)2000円です。代金は運賃、座席指定料金のほか、「京王高尾山温泉 極楽湯」の入館料(フェイスタオル付き)、オリジナル手ぬぐいなどの記念品を含みます。なお、3歳以下の子どもでも「冬の高尾山ハイキング号」の座席を利用する場合は、子ども料金が必要です。

 定員は各日400人。募集は11月22日(木)18時から12月9日(日)まで、ウェブサイトで行われます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント