ANA「空飛ぶウミガメ」2019年5月就航! ホノルルへ「世界最大の旅客機」A380が飛ぶ

ANAが新たに運航する「世界最大の旅客機」エアバスA380型機、その就航日が明らかになりました。成田~ホノルル線において、まず1機で週3往復から始まり、2号機投入からは週10往復になる予定です。

夏には2機で週10往復体制に

 ANA(全日空)は2018年11月27日(火)、世界最大の旅客機であるエアバスA380型機を、2019年5月24日(金)より運航すると発表しました。

 成田~ハワイ・ホノルル線において、週3往復で運航開始(火、金、日出発)。2号機を投入する2019年7月1日(月)からは、週に10往復の運航になる予定です(火、金、日出発は2往復、その他の曜日は1往復の計画。現在、B787型機で運航している成田~ホノルル線の機材をA380型機に変更する形)。

Large 181127 anaa380 01

拡大画像

ANAが運航するエアバスA380型機「FLYING HONU」1号機のイメージ(画像:ANA)。

 ANAが今回ホノルル線に導入するA380型機は、ハワイ語で「ホヌ」と呼ばれ親しまれている「ウミガメ」にちなんだ「FLYING HONU(フライング ホヌ:空飛ぶウミガメ)」という愛称を持つ特別塗装機。ハワイの「空」「海」「夕陽」をイメージした別の個性を持つ3機が登場します。

 座席は全520席で、ファーストクラス(ANAホノルル路線で初)、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミーとあわせ、「ANAカウチ」と呼ばれる、簡単なベッド、お座敷のようになるシートを日本の航空会社で初採用。航空券は、2019年1月中を目途に販売が始まる予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181127 anaa380 02
  • Thumbnail 181127 anaa380 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 仕方なく買わされた飛行機