日本初の巨大旅客機エアバスA380、姿を現す ANA「空飛ぶウミガメ」1号機、ドイツの工場で(写真84枚)

ANAが導入するエアバスA380型機「FLYING HONU」1号機の塗装が完了。その特徴的なデザインが、ドイツのハンブルクにある工場で初披露されました。日本の航空会社による「世界最大の旅客機」エアバスA380導入は、この機体が初です。

1号機「ハワイの空」がまず登場!

 ドイツのハンブルクにあるエアバス社の工場で2018年12月13日(木)10時過ぎ(日本時間13日18時過ぎ)、「空飛ぶウミガメ」デザインになった世界最大の旅客機「A380」が初披露されました(今回は外観塗装完了にともなうお披露目で、機内はこれから整備)。

Large new181213 a380 01

拡大画像

エアバスのハンブルク工場で初披露されたANA「FLYING HONU」デザインのA380型機(2018年12月13日、恵 知仁撮影)。

 ANA(全日空)が、日本の航空会社で初めて導入するA380型機で、就航先のハワイにちなんだ「ウミガメ(HONU)」を外観にデザインしているのが大きな特徴。愛称は「FLYING HONU(フライング ホヌ)」です。「ハワイの空」「ハワイの海」「ハワイの夕陽」をイメージした異なる“HONUデザイン”の3機が順次、導入されます。

 このたびお披露目されたのはそのうち、「ANAブルー」で「ハワイの空」をイメージしたデザインの1号機です。今後、ハンブルクで機内の整備、トゥールーズ(フランス)のエアバス工場で試験などが行われたのち、2019年第一四半期にANAへ引き渡し。2019年5月24日(金)より、成田~ハワイ・ホノルル線で運航される予定です(週3往復)。

Large 181213 a380 02 Large 181213 a380 03 Large 181213 a380 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

エアバスのハンブルク工場で披露されたANAのA380型機「FLYING HONU」。

 ANAのA380型機「FLYING HONU」は520席という大きな輸送力を持ち、「ファースト(ANAハワイ線初)」「ビジネス」「プレミアムエコノミー」「エコノミー」の各クラスが用意されるほか、かんたんなベッドにもなるカウチシート「ANA COUCHii」(日本の航空会社で初)を備えるのも特徴。その就航にあわせて、ANAはホノルル線の機内サービス一新、マイレージクラブ会員サービスの充実、ホノルル(ダニエル・K・イノウエ空港)へのラウンジ新設なども行います。

 座席の販売は2019年1月中に開始される見込み。また2号機が投入される2019年7月1日(月)より、A380型機「FLYING HONU」による成田~ホノルル線は週10往復まで拡大される予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(84枚)

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント