北綾瀬駅に「10両編成」登場へ 東京メトロ千代田線、3月ダイヤ改正

北綾瀬駅から小田急線直通の電車が運転されます。

3両編成の列車も引き続き運転

 東京メトロは2018年12月14日(金)、千代田線のダイヤ改正を2019年3月16日(土)に実施すると発表しました。

Large 181214 16000kei 01
千代田線で使用している16000系電車(画像:東京メトロ)。

 北綾瀬駅(東京都足立区)で10両ホームの運用を開始。これに伴い北綾瀬~綾瀬間では、3両編成の区間運転列車に加えて、10両編成の列車の運転が始まります。同区間の平日の運転本数は、3両編成73往復、10両編成51往復で計124往復です(6往復増発)。平日、午前7~8時台は綾瀬始発13本のうち5本が北綾瀬始発に、日中は綾瀬始発6本のうち3本が北綾瀬始発に変更されます。

 千代田線全体では、綾瀬~代々木上原間で、平日17~23時台に10往復、土休日16~21時台に9往復をそれぞれ増発し、いずれも一部列車は北綾瀬まで運転します。

 北綾瀬発着の10両編成列車の一部は、小田急線と直通運転を行います。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント

1件のコメント

  1. 千代田線は、年度末期の毎年3月にダイヤ改正を行ない、いよいよ10両編成車に北綾瀬の乗り入れが実現します。毎年11月に行われる千代田線ファンフェスタ実施で綾瀬駅はぱんぱん状態で、北綾瀬行き10両編成実現で、当日のイベントの混雑暖和にもなるでしょう。