JR東海、在来線特急のネット予約にJR西日本の「e5489」導入 主要駅できっぷ受取が可能に

JR東海がこれまで未提供だった在来線列車のインターネット予約サービスについて、JR西日本の「e5489」を導入すると発表。主要駅の指定席券売機などで、特急「ひだ」「南紀」などのきっぷが受け取れます。

2019年4月から

 JR東海は2018年12月19日(水)、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」で予約したきっぷを、2019年4月1日(月)からJR東海の主要駅で受け取れるようにすると発表しました。

Large 181219 jrwce5489 01
名古屋と高山、富山方面を結ぶ特急「ひだ」(画像:photolibrary)。

 これまでJR東海は、新幹線を対象にインターネット予約サービスを提供してきましたが、在来線列車は対象外でした。しかし「e5489」に会員登録することにより、2019年4月以降は、同社の「ひだ」「南紀」「しなの」などといった在来線特急のきっぷや、東海道新幹線と在来線の乗継割引を適用したきっぷなどが、JR東海主要駅の指定席券売機などで受け取れるようになります。

 なお、「e5489」で予約したきっぷは、JR東海エリアが乗車区間に含まれる場合に受け取れます。小田急電鉄に直通する特急「ふじさん」や、寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」など一部列車は対象外です。

 このほか、JR西日本の訪日外国人向けのインターネット予約サービス「JR-WEST ONLINE TRAIN RESERVATION」で予約したきっぷも主要駅で受取を可能にします。同サービスは2019年3月にスタートする予定です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント