140円払えば関東一周できる? JR線「大回り乗車」を楽しむ 制限や注意点も

一部のJR線には、どんなに長いルートで利用しても、一番短いルートで運賃を計算するという「特例」があります。この特例をうまく活用すれば、安い費用で長距離旅行することも可能に。ただし、様々なルールや制限もあるため、注意が必要です。

特例を活用し、最短経路の運賃で大回りする

 休みの日は「どこか遠くへ旅したい」と思う人もいるでしょう。しかし、遠くへ行けば行くほど費用はかかります。

Large 181218 oomawari 01
大都市近郊区間内の列車を途中下車せずひたすら乗り継ぐ「大回り乗車」。写真はイメージ(画像:photolibrary)。

 ところが、ひたすら列車を乗り継いで1000km以上移動しても、わずか140円(紙のきっぷの場合。以下同じ)しかかからない「裏技」があります。鉄道ファンが「大回り乗車」と呼ぶ方法です。

 JR線の路線網のなかには「大都市近郊区間」と呼ばれるエリアがあります。このエリア内では、ルールに即していれば実際に乗車するルートに関わらず、最も安くなるルートの運賃で乗車できるという特例があるのです。

 東京駅からふたつ隣の秋葉原駅に移動する場合、山手線の電車に乗って品川、新宿、池袋、田端の各駅を経由する遠回り(大回り)のルート(32.5km)でも、運賃は神田経由の最短ルート(2.0km)で計算。本来は480円かかる区間を、140円で移動できます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181218 oomawari 02
  • Thumbnail 181218 oomawari 01

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. キセルを推奨するような記事はどうかと思うが、実際楽しいんだよな。

    • 初歩的な誤解なので読者諸兄に釈迦に説法と思いますが、近郊区間大回りは所謂キセルではありません。運送約款上認められた経路選択です。
      但し、記事中の条件に一つでも反したら不正乗車となります。

  2.  - しつもん -
    この旅行はスイカやパスモでも有効ですか ?

  3. ↑Suica/Pasmoでも可能です。ですが、浜川崎での南武線~鶴見線の乗り換えで一旦無人改札を出ることになるので(駅の構造上やむを得ない)注意が必要です。うっかり改札にタッチしたらゲームオーバーです。

  4. 関西でもよく見かけますが、駅員に昼飯食いたいから外へ出せと文句を言ってる人を良く見かけます。ルールを守れない人がいると、守っている人まで迷惑します。ルールを守れない人を排除する方法を考えていかなければならないと思います。

    • 昔、福岡近郊区間で大回り乗車したときに、宇美駅での乗継の際に、近くの食堂で夕食を取った事が有りました。厳密に言うとラッチ外乗換では速やかに再入場すべきなのでしょうが、とにかく腹が減っていて、次の列車まで時間があり駅員さんも了解(黙認?)してくれました。勝田線があった頃、国鉄時代の話です。
      こういう話を書くと愚か者が勝手な解釈で無理筋を言うかもしれませんが……。