鉄道車両に書かれた逆三角形「▽」や矢印「↓」、どんな意味がある?

鉄道車両の車体には、「モハ415」や「キハ283」といった車両番号のほかにも、いくつかの記号が書かれています。下向きの三角形「▽」や矢印「↓」、ひし形「◆」などがありますが、これらはどのような意味があるのでしょうか。

「小さな逆三角形」はいざというときのため

 鉄道車両の車体には、車両番号や会社のマークなどのほかにも、いろいろな記号や文字が書かれています。

Large 190201 mark 01

拡大画像

車体の下方に書かれた矢印の下に非常ドアコックのレバーがある(児山 計撮影)。

 たとえば、ほとんどの車両に付いている小さな逆三角形「▽」、もしくは矢印「↓」は、「非常ドアコック」の位置を示すものです。マークの下にはレバーが付いており、このレバーを操作すると乗降用のドアを外から手動で開けられます。

 なぜ外からドアを開ける必要があるのでしょうか。それは事故などにより車掌の操作でドアが開かなくなった際に、乗務員や救助隊員が外からドアを手で開けて、乗客を避難誘導させる必要があるためです。

 最近ではホームドアの設置によって、車体の下のほうにマークを書いても見えなくなってしまったことから、窓と同じ高さにマークを付けている例もあります。

 なお、非常ドアコックは車内にも設置されていますが、これらをみだりに操作すると法律により罰せられます。

【写真】こんなところに逆三角形「▽」や丸数字

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. かつては型式記番号の前に●を付けた横軽対策車もありましたな。
    例:●クハ189 1

  2. へえ。西日本管内ではどうなんだろ。