和歌山線・桜井線に新型電車「227系1000番台」デビュー ICカードエリア拡大に対応

227系1000番台電車がJR和歌山線・桜井線にデビュー。王寺駅で出発式が開かれました。従来の105系電車や117系電車を置き換えるほか、「車載型IC改札機」の搭載により「ICOCA」エリア拡大に対応します。

「227尽くし」の臨時列車で出発

 JR西日本の和歌山線・万葉まほろば線(桜井線)で2019年3月16日(土)、新型車両の227系1000番台電車がデビュー。大和路線(関西本線)と和歌山線が接続している王寺駅(奈良県王寺町)の4・5番線ホームで、出発式典が行われました。

Large 190316 wakayama227kei 01

拡大画像

王寺駅で行われた和歌山線・桜井線227系1000番台電車の出発式(2019年3月16日、草町義和撮影)。

 式典は王寺駅を14時27分に発車する、高田行き臨時普通列車にあわせて開催されました。JR西日本 近畿統括本部大阪支社の川井正支社長は「この臨時列車の番号は『9227』、出発時刻は午後2時27分にあえて出発させようとこだわりました」とあいさつし、新型車両の導入をアピール。その後、テープカットとくす玉割りが行われ、駅長の出発合図で発車しました。

 和歌山線は、大和路線(関西本線)の王寺駅と和歌山駅を結ぶ87.5kmの路線。桜井線は、奈良駅と和歌山線の高田駅(奈良県大和高田市)を結ぶ29.4kmの路線です。両線とも、国鉄時代に製造された旧型の105系電車や117系電車が使われていて、車両の老朽化が課題になっていました。

 227系1000番台は、これら老朽化した車両の更新を目的に製造されました。ドア付近に、交通系ICカードの読み取りに対応した「車載型IC改札機」を設置しているのが特徴。駅にICカード対応の自動改札機やカードリーダーを整備しなくても、ICカードで乗り降りできるようにしています。

 今後は56両(2両編成28本)が順次導入され、2019年秋ごろまでに105系と117系が置き換えられます。車載型IC改札機は、2020年春から使用が開始される計画です。これにより、現在はJR西日本のICカード「ICOCA」のエリアから外れている和歌山線の五条~和歌山間でも、ICカードを利用できるようになります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(18枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail img 6487
  • Thumbnail img 6491
  • Thumbnail img 6495
  • Thumbnail img 6499
  • Thumbnail img 6500
  • Thumbnail img 6505
  • Thumbnail img 6506
  • Thumbnail img 6511
  • Thumbnail img 6513
  • Thumbnail img 6538
  • Thumbnail img 6552
  • Thumbnail img 6561
  • Thumbnail img 6579
  • Thumbnail img 6586
  • Thumbnail img 6595
  • Thumbnail img 6600
  • Thumbnail img 6602
  • Thumbnail 190316 wakayama227kei 01

Writer: 草町義和(鉄道ライター)

1969年、新潟県南魚沼市生まれ。鉄道趣味誌で列車の乗車ルポや幻の鉄道(未成線)の散策記などを多数発表してきた。著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。趣味はアサガオ、ゴーヤの栽培。

最新記事

コメント