ANA海外初、空港最大、A380に直接乗れるカメのラウンジを取材! ハワイ・ホノルル

ANAがA380型機「フライングホヌ」の就航に合わせて、初めて海外に開設する自社の空港ラウンジ。A380型機にラウンジから直接乗り込める構造で、ハワイらしいファミリーエリアも設けられています。食事も「ハワイ」&「和」です。

「空飛ぶウミガメ」就航に合わせて

 ANA(全日空)が2019年5月24日(金)に東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線で導入する、「FLYING HONU(フライングホヌ:空飛ぶウミガメ)」の愛称、特別塗装を持つエアバスA380型機。その世界最大の旅客機の就航に合わせて、ANAはホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に、海外初の自社ラウンジである「ANA SUITE LOUNGE」「ANA LOUNGE」を開設します。

Large 190509 analounge 01

拡大画像

ANAがハワイ・ホノルルに開設した「ANA SUITE LOUNGE」「ANA LOUNGE」。ウミガメが描かれている(2019年5月8日、恵 知仁撮影)。

 この同空港で最大の規模となり、成田行きA380型機へ直接搭乗することも可能な構造のラウンジが5月8日(水)午後(日本時間9日午前)、報道陣へ公開されました。ANAによると「ハワイの雰囲気の中に日本らしいあたたかみのある要素を取り入れることで、ANAならではの空間を実現」したそうです。

A380とラウンジが直結!

 ラウンジがあるのは、A380型機「フライングホヌ」が成田へ出発するC4搭乗口付近の3階。通常の搭乗口からエスカレーターを上がったところに設けられています。

 2階建て構造のA380型機。空港2階にある通常のC4搭乗口からは、エコノミークラスがあるA380型機の1階に、空港3階にあるラウンジ直結のC4搭乗口からは、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーがあるA380型機の2階に乗り込める形です。

Large 190509 analounge 02 Large 190509 analounge 03 Large 190509 analounge 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

ハワイ流の祝福セレモニーも実施。
ANAラウンジのエントランス。
セレモニーにはハワイ州知事も参加(赤いレイ)。

 ラウンジのエントランスは、日本の伝統家屋様式である「格天井(ごうてんじょう)」「三和土(たたき)」などを、ハワイらしさが感じられる素材や色調で演出したといいます。

 ハワイで神聖な生き物とされているホヌ(ウミガメ)。ANAが導入するA380型機は、それにちなんだ愛称、特別塗装を持っていますが、空港ラウンジのエントランスに掲げられている施設名の表記にも、「ウミガメ」が描かれていました。

【写真】A380直結のラウンジ! メニューもさまざま!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント