「スーパーフード」を使った新機内食、シンガポール航空の日本路線で提供

シンガポール航空が、羽田、成田、中部発シンガポール行きなどで、キヌア、スペルト小麦、枝豆、ブロッコリーなどの高栄養価食「スーパーフード」を取り入れた新機内食を提供します。

「空の上での健康」も考慮

 シンガポール航空が2019年7月から12月まで、栄養バランスに優れ栄養価の高い食品「スーパーフード」を取り入れた新機内食を提供します。

Large 190613 siafood 01  2
「ローストチキンとファッロリゾット」のイメージ(画像:シンガポール航空)。

 対象路線は、羽田、成田、中部発シンガポール行き、成田発ロサンゼルス行きの4路線です。プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスで昼食・夕食時、「Eating Well」をコンセプトに、キヌア、スペルト小麦、枝豆、ブロッコリーなどの「スーパーフード」を取り入れたメニューが提供されます。

 第1弾のメニューも発表。羽田、成田発シンガポール行き(SQ631便、633便、637便、11便)は「ローストチキンとファッロリゾット」、成田発ロサンゼルス行き(SQ12便)は「ポークソテーアップルソース」、中部発シンガポール行き(SQ671便)は「レッドレンティルとチキンのロースト」が、それぞれ7月1日(月)から9月30日(月)までの期間、用意されます。

 シンガポール航空の日本支社は、これまでシンガポールで愛されているメニューをテーマにした「シンガポール・フェイバリット」や、日本の味をテーマにした「日本のご家庭の味」などを日本路線の機内食に導入。今回の「スーパーフード」機内食は、おいしいだけではなく、空の上での健康と、その先の利用者の健康も考慮したといいます。

【了】

【写真・図】「スーパーフード」機内食の詳細

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190613 siafood 02  2
  • Thumbnail 190613 siafood 03  3
  • Thumbnail 190613 siafood 04  1
  • Thumbnail 190613 siafood 01  2

最新記事

コメント