新幹線N700系「量産先行試作車」宙に浮く! リニア・鉄道館での展示へ搬入始まる

現在の東海道・山陽新幹線をメインで走るN700系の「プロトタイプ」が引退。先頭車を含む3両がJR東海の「リニア・鉄道館」で保存・展示されることになり、先頭車1両が搬入されました。

先頭車含む3両を屋外に設置

 JR東海が2019年6月19日(水)、同社の博物館施設「リニア・鉄道館」(名古屋市港区)に、N700系新幹線電車1両を搬入しました。

Large 190617 n700x0f 01

拡大画像

クレーンでつり上げられたN700系X0編成の先頭車(2019年6月19日、草町義和撮影)。

 7月からの一般公開に向けたもので、このたび搬入されたのは、N700系の「量産先行試作車(プロトタイプ)」として開発された「X0編成」16両のうち、新大阪寄りの先頭車(1号車の普通車。車両番号は783-9001)。午前3時50分ごろ、トレーラーでリニア・鉄道館に運び込まれました。

 今後、中間車の8号車(グリーン車の775-9001)と14号車(普通車の786-9201)も搬入され、これまで在来線の117系電車が展示されていたスペースに、1号車、14号車、8号車の順で並べられる予定です。

【写真】N700系「量産先行試作車」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント